Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

生成されたコードにおける標準のデータ構造体

既定では、信号線、ブロック パラメーター、状態、およびその他のモデル データが、生成されたコードに標準の構造体のフィールドとして表示されます。一般情報については、生成されたコードによる内部信号、状態、パラメーター データの保存方法を参照してください。

次の表に、生成されたコードの一般的なデータ構造体をいくつか示します。構造体型の名前、および該当する場合は、モデルから生成したコード内の構造体変数はモデル設定によって異なります。この設定に関係なく、コードの構造体型の名前には、表の「構造体型の短縮名」列に示されている短縮名が含まれます。

モデルに対して生成されるデータ構造体

構造体型の短縮名構造体で表されるデータ
ExtU

ルート Inport ブロックからのデータ

ExtY

ルート Outport ブロックからのデータ

B

ブロックの出力信号

ConstB

定数値のあるブロック出力

P

ブロック パラメーター

ConstP

定数パラメーター

DW

ブロックの離散状態

XDis

Enabled Subsystem のステータス

追加の構造体については、System-generated identifiers (Embedded Coder)を参照してください。

以下を使用して、これらの構造体にデータが表示されないように指定できます。

データ構造体の特性の制御 (Embedded Coder)

標準データ構造体の特性を制御するには、以下の表の情報を使用します。

名前名前の変更方法
構造体の型型に使用する命名規則を設定します。[コンフィギュレーション パラメーター][グローバルなタイプ] の値を設定します。
グローバル構造体変数[コンフィギュレーション パラメーター][グローバル変数] で命名規則を指定します。
構造体フィールドの名前既定では、各構造体フィールドの名前はモデルのデータ項目の名前 (たとえば、[状態名] ブロック パラメーターを使用して指定したブロック状態の名前) から取得されます。[コンフィギュレーション パラメーター][グローバルなタイプのフィールド名] で命名規則を指定します。
構造体フィールドのデータ型Simulink.AliasType オブジェクトおよびデータ型置換を使用して、モデルの対応するデータ項目のプリミティブ型の名前を変更します。Control Data Type Names in Generated Code (Embedded Coder)を参照してください。

生成されたコードでの名前およびその他の識別子を制御するコンフィギュレーション パラメーターの詳細については、Customize Generated Identifiers (Embedded Coder)を参照してください。

参考

(Embedded Coder)

関連するトピック