Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

リリース間での共有ユーティリティ コードの再利用

モデルのコードを生成すると、既定ではコード ジェネレーターはモデルが必要とする共有ユーティリティ ファイルを作成します。別のリリースのコードを生成すると、コード ジェネレーターは機能的には同一であるが、機能以外に一部の違いが含まれる共有ファイルを生成する可能性があります。たとえば、異なるコメントや異なるコーディング スタイルなどです。同じリリースを使用して、異なるフォルダーに異なるモデル用のコードを生成する場合にも、機能以外の違いのある共有ファイルが生成される可能性もあります。たとえば、モデルに異なる ParenthesesLevel または ExpressionFolding の値を指定した場合、コード ジェネレーターは異なるコメントまたは異なるコーディング スタイルをもつ共有ファイルを生成する可能性があります。

機能的に同一の共有ファイルを含む統合コードには次のような問題があります。

  • それぞれの共有ファイルを検証する必要があるため、検証により多くの時間がかかる。

  • 重複するシンボルを共有ファイルが定義している場合、コンパイル エラーが生じる。

Embedded Coder® ライセンスがある場合は、検証済みコードの読み取り専用ライブラリなど、既存のフォルダーから共有コードの再利用を指定してこれらの問題を回避できます。この場合、コード ジェネレーターは新しい共有ユーティリティ ファイルを作成しません。ビルド プロセスでは、外部コードまたはフォルダー内の以前生成した共有ユーティリティ コードを使用します。管理者が読み取り専用ライブラリを維持および更新します。

共有ユーティリティ コードを再利用するためのワークフロー

  1. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、以下の操作を実行します。

    1. [既存の共有コード] フィールドに、共有コード フォルダーの絶対パスを入力します。

    2. [既存の共有コードのみを使用] 診断が [エラー] (既定値) に設定されていることを確認します。

  2. slprj フォルダーを削除するか、新しい作業フォルダーに移動します。

  3. モデルをビルドします。エラーが表示されなかった場合、共有コード フォルダーには必要な共有ユーティリティ ファイルが含まれています。

  4. 既存の共有コード フォルダーのファイルが不足している場合、エラーが表示されます。不足している共有ユーティリティ ファイルのローカルに生成されたバージョンを使用してコード生成を継続するには、次を行います。

    1. [既存の共有コードのみを使用] 診断を [警告] に設定します。

    2. モデルをリビルドします。コード生成プロセスでは、不足している共有ユーティリティ ファイルのローカルに生成されたバージョンが使用されます。

    3. 検証済みコード ライブラリの管理者にモデルを提供し、不足している共有ユーティリティ ファイルの情報を伝えます。管理者はこのモデルを使用して必要な共有ユーティリティ ファイルを生成します。管理者は sharedCodeUpdate (Embedded Coder) を使用してこのファイルを既存の共有コード フォルダーに追加します。

      以前のリリースからエクスポートしたコンポーネントの共有コードを再利用しなければならない場合は、管理者にコンポーネントのビルド フォルダーの場所に関する情報を提供してください。管理者は sharedCodeUpdate を使用してコンポーネントの共有コードを既存の共有コード フォルダーにコピーできます。

    4. ファイルが既存の共有コード フォルダーで使用可能になったら、手順 1 ~ 3 を繰り返します。

    共有ユーティリティ コードがモデル間で共有されるライブラリ サブシステムから生成される場合、このコードをリリース "間" で再利用することはできません。このコードはリリース固有のものであり、シンボル名やファイル名マングリングにはリリース番号が含まれているためです。管理者は、各リリースに対して生成された共有ユーティリティ コードを共有コード フォルダーに追加しなければなりません。

    関数 sharedCodeUpdate (Embedded Coder) は、共有コード フォルダーに同じ内容のファイルを異なるファイル名と関数名で追加できます。この動作は、独自の共有ユーティリティ関数を必要とする異なるモデル コンポーネントがある場合に役立ちます。一部のコードは重複しますが、異なるモデル コンポーネントはそれぞれ検証済みの共有ユーティリティ関数にアクセスできます。モデル コンポーネントが固有のバージョンの共有ユーティリティ関数をもつように強制するには、モデル名を共有ユーティリティ識別子 (Embedded Coder)に挿入するように命名規則を設定します。

共有ユーティリティ コードの再利用に必要な編集

ほとんどの共有ユーティリティ コード ファイルでは、ファイルを変更せずにリリース間で再利用できるマスター コピーを指定できます。rtwtypes.hzero_crossing_types.h などの一部のファイルでは、異なるリリースから生成されたコードが使用可能なマスター コピーを生成するために、手動での編集が必要になる状況があります。以下に例を示します。

  • R2013a 以前のリリースで生成された rtwtypes.h ファイルにはチェックサムが含まれています。

    /* This ID is used to detect inclusion
       of an incompatible rtwtypes.h */
    #define RTWTYPES_ID_C08S16I32L64N64F0
    統合の際にインクルードするこの rtwtypes.h ファイルのバージョンごとに、対応する #define ステートメントを rtwtypes.h のマスター コピーにコピーしてください。

  • R2015a では、ゼロクロッシングの定義が rtwtypes.h から zero_crossing_types.h に移動しました。異なるリリースから生成されたモデル コードと互換性のある rtwtypes.h ファイルを作成するには、rtwtypes.h のマスター コピーに次のステートメントを挿入します。

    #include "zero_crossing_types.h"
    zero_crossing_types.h が提供する定義を rtwtypes.h から削除します。

参考

(Embedded Coder) | (Embedded Coder)

関連する例

詳細