Main Content

生成された C コードの Microsoft Visual Studio によるコンパイルとデバッグ

この例では、モデルからコードを生成して Visual Studio® ソリューションを作成する方法を説明します。ベースの例については rtwdemo_counter を参照してください。

この例について

このモデル例をビルドすると、Visual Studio ソリューションが生成されます。次のモデル コンフィギュレーション パラメーター設定により、このコード生成が制御されます。

  • [システム ターゲット ファイル]grt.tlc に設定。

  • [テンプレート makefile]RTW.MSVCBuild に設定。

この構成でモデルをビルドすると、Simulink® Coder™で Visual Studio ソリューションのコードが生成されます。このソリューションを Visual Studio C/C++ プロジェクトに追加して、生成コードをカスタムの Visual Studio コードに統合します。

開始する前に

  • この例では、Microsoft Windows® プラットフォームで実行される Microsoft® Visual Studio 用のコードをビルドします。

  • この例は、Microsoft Visual Studio で動作しますが、Visual Studio Express では動作しません。

  • Simulink Coder は、ラピッド プロトタイピングを対象としている GRT コード形式を使用します。

  • Embedded Coder® は、量産展開を対象としている ERT コード形式を使用します。

手順の例

  1. モデル例 rtwdemo_counter_msvc を開きます。コマンド ウィンドウで open_system('rtwdemo_counter_msvc'); と入力します。

  2. 生成された Visual Studio ソリューションでデバッグ出力を生成するには、モデル コンフィギュレーション パラメーター [make コマンド]make_rtw DEBUG_BUILD=1 に設定します。(この手順はソリューションでデバッグ出力が不要な場合は省略します)。

  3. コードを生成し、プログラムの実行可能ファイルをビルドするには、ビルド プロセスを開始します。

  4. ビルド プロセスが完了すると、Visual Studio ソリューションが生成されて、フォルダー rtwdemo_counter_msvc_grt_rtwmsvc フォルダーに保存されます。

  5. Microsoft Visual Studio で、rtwdemo_counter_msvc.sln ソリューション ファイルを開きます。

このソリューションは、Visual Studio での生成コードのビルドとデバッグに使用します。

関連するトピック