Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ビルド プロセスのフォルダーの管理

Simulink® ブロック線図の更新およびモデルのビルドで生成されたファイルは、ビルド プロセスによって既定で指定されるフォルダー階層内に配置されます。たとえば次のような場合に、ビルド プロセス フォルダーの既定の指定を変更できます。

  • 企業が、現在の作業フォルダーをコード生成フォルダーまたはシミュレーション キャッシュ フォルダーの場所として使用しない場合。

  • コード生成フォルダーをバージョン管理の対象としていても、シミュレーション キャッシュ フォルダーはバージョン管理の対象としていない場合。

MATLAB® セッション パラメーター CacheFolderCodeGenFolder、および CodeGenFolderStructure は、ビルド プロセスのフォルダーの場所を指定するファイル生成制御パラメーターです。MATLAB セッションの開始時に、これらの Simulink 基本設定によってパラメーターの値が決定します。

シミュレーション キャッシュ フォルダーCacheFolder

コード生成フォルダーCodeGenFolder

コード生成フォルダーの構造CodeGenFolderStructure

MATLAB セッション中にパラメーターを変更するには、Simulink.fileGenControl を使用します。設定したパラメーター値は MATLAB セッションが終了すると無効になります。

ファイル生成制御パラメーター

次の表に、パラメーターを使用してビルド プロセス フォルダーを管理する方法の詳細を示します。

MATLAB セッション パラメーターSimulink 基本設定説明

CacheFolder

シミュレーション キャッシュ フォルダー

Simulink ブロック線図の更新およびシミュレーションとコード生成用のモデル ビルド アーティファクトで生成されたファイルは、ビルド プロセスによってシミュレーション キャッシュ フォルダー simulationCacheFolder 内に配置されます。このフォルダーはルート フォルダーです。

既定 (CacheFolder = '') では、simulationCacheFolder は現在の作業フォルダー pwd です。

このパラメーターを使用して別のフォルダーを指定できます。実行する操作の例:

  • 生成したファイルをモデルや他のソースの資料から分離する場合。

  • 現在の作業フォルダーを以前の作業フォルダーに設定し直さずに、以前ビルドしたシミュレーション ターゲットを再利用または共有する場合。

CodeGenFolder

コード生成フォルダー

システム ターゲット ファイルを使用して Simulink モデルから量産コードを生成するビルド プロセスは、量産コードをコード生成フォルダー codeGenerationFolder に配置します。このフォルダーはルート フォルダーです。

実行可能プログラム ファイルを生成する場合、ビルド プロセスはファイル model.exe (Windows®) または model (UNIX®) をフォルダーに書き込みます。

既定 (CodeGenFolder = '') では、codeGenerationFolder は現在の作業フォルダー pwd です。

このパラメーターを使用して別のフォルダーを指定できます。たとえば、生成された量産コードを以下とは分離する場合:

  • モデルや他のソースの資料。

  • 生成されたシミュレーション アーティファクトとコード生成アーティファクト。

ドライブのルート フォルダーをコード生成フォルダーとして指定すると、ビルド プロセスはモデルのコードを生成できません。例: C:\

CodeGenFolderStructure

コード生成フォルダーの構造 コード生成フォルダー内にフォルダーの構造を指定する場合は、このパラメーターを使用します。たとえば、さまざまなターゲット環境のモデルを構成する場合、各モデルで生成されたコードに対して個別のサブフォルダーを指定できます。

ビルド プロセスのフォルダー

次の表に、CodeGenFolderStructure によるシミュレーション キャッシュ フォルダー内およびコード生成フォルダー内でフォルダー構造を制御する方法の詳細を示します。

CodeGenFolderStructure = 'ModelSpecific' の場合のフォルダー名

CodeGenFolderStructure = 'TargetEnvironmentSubfolder' の場合のフォルダー名

説明

codeGenerationFolder/model_target_rtw

target の既定値は選択したシステム ターゲット ファイルの名前です (grtertrsim など)。target はシステム ターゲット ファイルの rtwgensettings.BuildDirSuffix フィールドで変更できます。

codeGenerationFolder/targetSpecific/model

ビルド プロセスはシステム ターゲット ファイルとハードウェア デバイスの構成情報を使用して、サブフォルダー targetSpecific の固有のラベルを生成します。

生成されたソース コード、およびビルド プロセス中に作成されたその他のファイルが格納されるビルド フォルダー。

生成されたコード モジュール model.cmodel.h および生成された makefile model.mk が入ります。

model.mk は、モデル コンポーネントから生成されたコードをコンパイルとリンクするものです。

model はソース モデルの名前です。

codeGenerationFolder/model_target_rtw/html

codeGenerationFolder/targetSpecific/model/html

ビルド プロセスで生成されたレポート ファイルが含まれるコード生成レポート フォルダー。

codeGenerationFolder/slprj/target/model

codeGenerationFolder/targetSpecific/_ref/model

モデル参照ターゲット ファイル。

codeGenerationFolder/slprj/target/model/referenced_model_includes

codeGenerationFolder/targetSpecific/_ref/model/referenced_model_includes

model で参照されるモデルのヘッダー ファイル。

codeGenerationFolder/slprj/target/model/tmwinternal

codeGenerationFolder/targetSpecific/_ref/model/tmwinternal

コード生成中に使用される MAT ファイル。

codeGenerationFolder/slprj/target/_sharedutils

codeGenerationFolder/targetSpecific/_shared

モデル間で共有されるモデル参照システム ターゲット ファイル用のユーティリティ関数。

フォルダーには生成された共有ユーティリティ コードをコンパイルするための rtwshared.mk も入ります。

simulationCacheFolder/slprj/sim/model

simulationCacheFolder/slprj/sim/model

参照モデルのシミュレーション ターゲット ファイル。

simulationCacheFolder/slprj/sim/model/tmwinternal

simulationCacheFolder/slprj/sim/model/tmwinternal

コード生成中に使用される MAT ファイル。

simulationCacheFolder/slprj/sim/_sharedutils

simulationCacheFolder/slprj/sim/_sharedutils

モデル間で共有されるシミュレーション システム ターゲット ファイル用のユーティリティ関数。

システム ターゲット ファイルが ERT ベースの場合、以下のモデル コンフィギュレーション パラメーターによっても共有ユーティリティ コードの場所が制御されます。

RTW.getBuildDir を使用してモデルのビルド フォルダー情報を表示できます。

参考

|

関連するトピック