最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

参照モデルのコード生成

この節では、特に Simulink® Coder™ によるコード生成に適用される注意事項を参照するモデルを説明します。この節では、モデル参照の基礎およびそれに関連するトピックで説明した、参照モデルおよび関連用語と要件について理解していることを前提とします。

参照モデル階層のコードを生成する場合、コード ジェネレーターは、最上位モデルのスタンドアロン実行可能ファイルと、各参照モデルの "モデル参照ターゲット" と呼ばれるライブラリ モジュールを生成します。コードが実行されると、最上位の実行可能ファイルはモデル参照ターゲットを呼び出し、参照モデルの出力を計算します。モデル参照ターゲットはしばしば、"Simulink Coder ターゲット" と呼ばれます。

モデル参照ターゲット (Simulink Coder ターゲット) と次のようなターゲットを混同しないよう注意してください。

  • ターゲット ハードウェア — Simulink Coder ソフトウェアがコードを生成する対象のプラットフォーム

  • システム ターゲット — 目的に応じたコード生成の方法を Simulink Coder ソフトウェアに示すファイル

  • ラピッド シミュレーション ターゲット (RSim) — Simulink Coder 製品が供給するシステム ターゲット ファイル

  • シミュレーション ターゲット — Simulink Accelerator™ ソフトウェアで実行する参照モデルを実装する MEX ファイル

コード ジェネレーターは、コード生成フォルダーに階層の最上位モデルのコードを置き、コード生成フォルダーslprj フォルダーに参照モデルのコードを置きます。slprj のサブフォルダーは、異なるタイプのファイルに別の場所を提供します。フォルダーの詳細については、ビルド プロセスのフォルダーの管理を参照してください。

既定の設定では、この製品は、"インクリメンタルなコード生成" を使用します。コードを生成する場合には、参照モデルのファイルの構造的なチェックサムを生成コードのファイルと比較し、モデル参照ターゲットを再生成するかどうかを判定します。リビルドをいつ実行するかをコントロールするには、[コンフィギュレーション パラメーター] の [モデル参照][リビルド] を使用します。詳細は、リビルドを参照してください。

インクリメンタルなコード生成に加え、Simulink Coder ソフトウェアは、"インクリメンタルな読み込み処理" を使用します。参照モデルのコードは、親モデルのコードを実行して参照モデルの出力を必要とするまでは、メモリに読み込まれません。そして、参照モデルのターゲットを読み込んで実行します。ターゲットは、一旦読み込まれると使用されなくなるまでメモリに保持されます。

通常のコード生成における考慮点は、モデルが参照モデルを含むかどうかにかかわらず、同じです。コード ジェネレーターは、できる範囲で自動的に詳細を処理します。この章では、モデル参照階層のコードを生成する際に考慮することが必要だと思われるトピックを説明します。

Embedded Coder® のライセンスがある場合、Model ブロックをサポートする必要がある場合には、カスタム ターゲットは、それらがモデル参照に準拠していることを宣言しなければなりません。詳細は、モデル参照のサポートを参照してください。