最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ツールチェーン構成

最適化された makefile を生成しカスタム ツールチェーンをサポートするモデル ビルド プロセスの使用

[ツールチェーン] パラメーターは、生成コードをビルドするサードパーティ ソフトウェア ツールのコレクションを指定します。ツールチェーンには、コンパイラ、リンカー、アーカイバー、およびビルド前またはビルド後の他のツールを含めることができます。コード ジェネレーターはインストール済みの多くのツールチェーンを検出して検証できます。カスタム ツールチェーンを定義して登録することもできます。

トピック

ビルド アプローチの選択およびビルド プロセスの設定

生成されたコードから実行可能プログラムをビルドします。

生成される makefile を makecfg を使用して S-Function 用にカスタマイズする

S-Function のビルド プロセス用に makefile の生成を構成する。

カスタム ツールチェーンの追加

この例では、ツールチェーンを登録および使用して実行可能ファイルをコンパイルする方法を説明します。

カスタム ツールチェーンの登録

サードパーティのソフトウェア ビルド ツールを実行可能ファイルおよびライブラリの作成用に登録します。

カスタム ツールチェーンの検証のトラブルシューティング

検証エラーのトラブルシューティングを行います。