最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ランタイム環境の構成

アプリケーションの目的に最適なターゲット環境の選択と構成

コード生成ターゲットとしてシステム ターゲット ファイルを選択すると、生成されたコードの多くの機能が定義され、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログで利用可能な機能が選択されます。モデルにコード生成を構成する場合、ターゲット選択のコンフィギュレーション パラメーターを最初に設定します。

クラス

target.Aliasターゲット機能オブジェクトの代替識別子の作成
target.LanguageImplementationC および C++ コンパイラの実装の詳細を提供
target.Objectターゲット機能クラスの基底クラス
target.Processorターゲット プロセッサ情報の提供

関数

target.addMATLAB メモリへのターゲット機能オブジェクトの追加
target.createターゲット機能オブジェクトの作成
target.exportターゲット機能のデータをエクスポートする
target.getMATLAB メモリからのターゲット機能オブジェクトの取得
target.removeMATLAB メモリからのターゲット機能オブジェクトの削除
target.upgradeハードウェア デバイスの既存の定義をアップグレードする

パッケージ

ターゲット新しいターゲット ハードウェアの登録

トピック

製品間でのシステム ターゲット ファイルのサポートの比較

製品、コード スタイルおよび生成コードの機能ごとにシステム ターゲット ファイルのサポートを評価します。

システム ターゲット ファイルの構成

ソルバーおよびシステム ターゲット ファイルを選択して構成する。

STF 関連のコード生成パラメーターの構成

コード生成用の GRT、ERT または ERT ベースのシステム ターゲット ファイルに関連するモデル パラメーターを構成します。

ランタイム環境オプションの構成

開発および配布のランタイム環境 (MATLAB® 開発用コンピューター、製品ハードウェア、テスト ハードウェア) の、モデルのシミュレーションおよびコード生成オプションを設定します。

新しいハードウェア デバイスの登録

新しいデバイスを登録することで、サポートされるハードウェアの範囲を拡大する。

ターゲット システムの標準の数学ライブラリの設定

コード ジェネレーターが数学演算に使用する標準ライブラリ拡張を設定します。

Simulink モデルから生成されたコードの置換

この例では、コード置換ライブラリを使用して生成コードを置換する方法を示します。