最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ターゲット開発

特定の CPU またはボードのターゲットの実装、I/O デバイスのサポートの追加

システム ターゲット ファイルをコード生成のカスタム ターゲットとして開発すると、選択内容によって生成されたコードの多くの機能が定義されます。組み込みターゲット用のコード生成ワークフローでは、製品ハードウェア プラットフォームと一致するカスタム ターゲットを開発することでメリットが得られます。

ARM® Cortex®-A または ARM Cortex-M プロセッサに基づいたターゲットを実装するには、対応するサポート パッケージをインストールし、ターゲット SDK について、Embedded Coder® Support Package for ARM Cortex-A Processor のDevelop a Target (Embedded Coder Support Package for ARM Cortex-A Processors)または Embedded Coder Support Package for ARM Cortex-M Processor のDevelop a Target (Embedded Coder Support Package for ARM Cortex-M Processors)を参照してください。それ以外の場合は、以下の関数とトピックを使用します。

関数

slConfigUIGetValカスタム ターゲットのコンフィギュレーション オプションの現在値を返す
slConfigUISetEnabledカスタム ターゲットのコンフィギュレーション オプションの有効化または無効化
slConfigUISetValカスタム ターゲットのコンフィギュレーション オプションの値を設定する

トピック

コード生成ターゲットの適用

組み込みターゲット開発について

選択した開発環境またはデバッグ環境で特定のハードウェア用の実行可能コードを生成するカスタム ターゲットを開発する。

ターゲット開発フォルダー、ファイルおよびビルド

カスタム システム ターゲット ファイルの開発をビルド プロセスで作成および使用するフォルダーとファイルに関連付け。

カスタム ターゲットのサンプル

ターゲット開発の開始点として使用できるカスタム システム ターゲット ファイルのサンプル。

テンプレート makefile のカスタマイズ

ビルド プロセスを制御するカスタム テンプレート makefile を開発します。

コード生成ターゲットのカスタマイズ

システム ターゲット ファイルのカスタマイズ

開発の目的を満たし、コード生成を制御するカスタム システム ターゲット ファイルを開発します。

カスタム ターゲットのオプション機能

ツールチェーン準拠やモデル参照準拠など、コード生成機能と準拠するためのカスタム システム ターゲット ファイルに対するオプション機能のサポートを追加します。

デバイス ドライバー

リアルタイム開発プロジェクトの一部としてデバイス ドライバーを使用します。