Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

サブシステム

サブシステムのコードの生成と再利用

コード ジェネレーターがそのサブシステムに生成するコードを制御するモデルを設計および構成します。詳細は、サブシステム用の関数の生成を制御を参照してください。

トピック

サブシステムとコード生成

サブシステム用の関数の生成を制御

サブシステム用の関数の生成と、コード ジェネレーターが生成された関数をメモリ セクションに格納するかどうかを制御する。

個別のサブシステムのコードと実行可能ファイルの生成

サブシステムからスタンドアロン実行ファイルを生成して作成する方法を説明します。

サブシステム コードを別々の関数およびファイルとして生成

モデル内のサブシステムに対して、別のサブシステム関数とファイルをそれぞれ生成するには、次の手順に従います。

定数パラメーターのコード生成

コード ジェネレーターは、まず定数パラメーターを共有ユーティリティ フォルダーに生成しようと試みます。

サブシステムのモデリング ガイドライン

サブシステムのモデルを開発しコードを生成する際には、モデリング ガイドラインの推奨事項に従ってください。

コードの最適化

サブシステム コードのインライン化

非バーチャル サブシステムを構成し、モデル コードを使用してサブシステム コードをインライン化できます。

同一の入れ子にされたサブシステムのコードの最適化

[関数のパッケージ化] パラメーターを [自動] オプションにすると、生成コードの再利用とインライン化を両方行うことで、同一のサブシステムが他の同一のサブシステムを含むといった状況でもコードを最適化できます。