Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Stateflow チャート

Stateflow® チャートのコードの生成と再利用

イベント、状態および遷移をもつチャートを作成する際は、モデリング ガイドラインに従います。Stateflow チャートを含むモデルのコードを生成する際の考慮事項については、Stateflow ブロックのコード生成を参照してください。

トピック

Stateflow チャートのモデリング ガイドライン (Stateflow)

ステート、遷移、イベントを使用して、チャートを効率的にモデル化する。

チャートのモデリング ガイドライン

チャートのモデルを開発し、コードを生成する際は、モデリング ガイドラインの推奨事項に従ってください。

Stateflow ブロックのコード生成

コード ジェネレーターはラピッド プロトタイピング用の Stateflow ブロックにコードを生成します。

Atomic サブチャートからのコードの生成

リンクされている Atomic サブチャートとリンクされていない Atomic サブチャートのスタンドアロン コードを作成する。

ステート関数の生成コード内インライン化

ステート関数の生成コード内インライン化をいつ、どのように制御するかを説明します。

Stateflow チャートを使用した空燃比制御システム

Simulink® と Stateflow® を使用して設計された空燃比制御システムのコードを生成します。

コード生成でのモデル参照の制限

コード生成にモデルの階層構造を使用する場合、適用される制限に注意してください。