Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

S-Function

外部コードを表現する S-Function の開発、Target Language Compiler (TLC) ブロック ターゲット ファイルでの S-Function のインライン化

S-Function は MATLAB®、C、C++ または Fortran で記述された Simulink® ブロックをコンピューター言語で記述したものです。Simulink エンジンと相互作用する API を使用する外部コードを表すために S-Function を開発できます。コード ジェネレーターでこの S-Function を使用し、コードを生成します。S-Function とコード生成から始めます。

ブロック

Generated S-Functionモデルまたはサブシステムを生成された S-Function コードとして表す

トピック

S-Function の作成

S-Function とコード生成

S-Function を使用してシミュレーションとコード生成の Simulink サポートを拡張。

Simulink 環境内での統合コードのビルド

サポート ファイルと制御モデルのコード生成およびビルドを Simulink 環境内に追加する。

インラインでない S-Function の記述

C または C++ MEX S-Function を記述して、S-Function API に従ってアルゴリズムを実装します。

ラッパー S-Function および TLC ファイルの記述

既存のコードでラッパーとして機能する S-Function を作成します。

完全インライン化 S-Function の記述

コード生成用の TLC ファイルでアルゴリズムをインライン化します。

mdlRTW ルーチンでの完全インライン化 S-Function の記述

インライン化 S-Function で mdlRTW コールバック メソッドを使用します。

S-Function ターゲットを使用したシミュレーションの高速化、コードの再利用または知的所有権の保護

モデルまたはサブシステムから、別のアプリケーションに動的に読み込むことができる共有ライブラリを生成します。

レガシ コード ツール

レガシ コード ツールによって外部コードへの呼び出しを生成コードにインポート

シミュレーションとコード生成用にユーティリティ関数、ルックアップ テーブル、フィルター、デバイス ドライバーの外部コードに対する呼び出しを Simulink 環境にインポート。

S-Function Builder ブロック

サブシステムからの S-Function の生成

[S-Function を生成] 処理を適用して Subsystem ブロックから S-Function を作成します。

Use a Bus Signal with S-Function Builder to Create an S-Function

Learn how to use a bus signal with a S-Function Builder block.

注目の例