Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

参照モデル

参照モデルのコード生成

モデル参照階層のコードを生成して、次を実現できます。

  • インクリメンタルなコード生成 – 最後にコード生成が行われてからモデルに変更が加えられた場合にのみコードを生成

  • インクリメンタルな読み込み処理 – モデルの読み込みを加速する、使用する必要があるときの参照モデルの読み込み

  • モジュール開発 – 参照モデルを、それを使用するモデルとは別に開発および維持

  • コードの再利用 – 参照モデルから再利用可能なコードを生成

参照モデルのコードを生成する際の考慮事項については、参照モデルのコード生成を参照してください。参照モデルのコードを生成する例は、参照モデルのコード生成を参照してください。

トピック

参照モデルのコード生成

この節では、特に Simulink® Coder™ によるコード生成に適用される注意事項を参照するモデルを説明します。

Simulink Coder モデル参照の要件

モデル参照の階層は、この節で説明するように、各種の Simulink Coder 要件を満たさなければなりません。

ビルド プロセスのフォルダーの管理

コード ジェネレーターが作成するフォルダーを管理します。

参照モデルの構成

[モデル参照] ペインの [代数ループの発生の最小化] パラメーターを選択すると、代数ループの発生を最小限に抑えることができます。

モデル参照階層からの再利用可能なコードの生成

Model ブロックを使用して最上位モデルから再利用可能なコードを生成する。

参照モデルのコード生成

Model ブロックで参照されるモデルのコードを生成する方法、および [モデル エクスプローラー] を使用してコード ファイルを参照する方法の説明

モデル参照ターゲットのビルド

既定の設定により、Simulink エンジンは、Simulink Coder ソフトウェアがモデル参照ターゲットを生成する前に、シミュレーション ターゲットをリビルドします。

ライブラリ ファイルの接尾辞およびファイル タイプのカスタマイズ

生成されたモデル参照ライブラリの名前を付けるために、Simulink Coder コード ジェネレーターが使用するライブラリ ファイルの接尾辞およびファイル タイプ拡張子を制御できます。

モデル ブロックで使用される信号用のストレージ クラス

Model ブロックを含むモデルはストレージ クラス [Auto] の信号を制約なしに使用することができます。

複数のモデルで生成されたコードの結合

複数のモデルまたは同じモデルの複数のコピーから単一の実行可能プログラムを生成します。

コード生成でのモデル参照の制限

コード生成にモデルの階層構造を使用する場合、適用される制限に注意してください。

インクリメンタルなコード生成用の Simulink キャッシュ ファイル

Simulink キャッシュ ファイルをチームベースの開発で共有し、ビルドする時間を削減して不要なコードの再生成を回避します。