Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

''Model default'' ストレージ クラスに対する詳細なコメント

説明

コメントの生成を制御することにより、コードのサイズが削減されたり、コードのトレーサビリティが向上します。model_data.c ファイルまたは model.c ファイルに出現するモデル パラメーター構造体のフィールドを初期化するコード内に、コメントがインターリーブされて現れます。各コメントはパラメーター オブジェクトの名前 (Simulink.Parameter) または MATLAB® 変数、およびオブジェクトまたは変数を使用してパラメーター値を設定するブロックの名前を示します。

パラメーター オブジェクトおよび MATLAB 変数は、次のいずれかの場合にモデル パラメーター構造体に現れます。

  • ストレージ クラス Model default をオブジェクトまたは変数に適用し、コード マッピング エディターで、対応するデータ カテゴリのストレージ クラスを既定の設定 Default に設定します。

  • ストレージ クラス Auto をオブジェクトまたは変数に適用し、モデル コンフィギュレーション パラメーター [既定のパラメーター動作][調整可能] に設定する場合。コード マッピング エディターで、対応するデータ カテゴリのストレージ クラスを既定の設定 Default に設定します。

生成されたコードにおけるパラメーター表現の詳細については、生成されたコードによる内部信号、状態、パラメーター データの保存方法を参照してください。

カテゴリ: [コード生成]、[コメント]

設定

既定の設定: オン

オン

パラメーター構造体に保存されているパラメーター値の数にかかわらずコメントを生成します。この設定を使用すると、生成コードとモデルが使用するパラメーター オブジェクトまたは変数の間のトレーサビリティが向上します。

オフ

パラメーター構造体に含まれるパラメーター値が 1000 個よりも少ない場合にのみコメントを生成します。n 個の要素をもつ配列パラメーターは n 個の値を表します。大きなモデルでは、この設定を使用すると生成されるファイルのサイズが削減されます。

依存関係

[コメントを含める] によって、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: ForceParamTrailComments
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオン
トレーサビリティオン
効率性影響なし
安全対策

推奨なし

関連するトピック