このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

バッファーの再利用のガイドとして信号のラベルを使用

説明

同じラベルをもつ信号の場合、コード ジェネレーターは同じ信号メモリを使用しようとします。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: オフ

オン

コード ジェネレーターはバッファーの再利用のガイドとして信号ラベルを使用します。

オフ

コード ジェネレーターはバッファーの再利用を実装するときに信号ラベルを無視します。

依存関係

このパラメーターには次の特徴があります。

  • 信号ストレージの再利用を選択すると有効になります。

  • Embedded Coder® ライセンスが必要です。

  • ERT ベースのターゲットの場合にのみ表示されます。

ヒント

データ コピーの削除に最適なパラメーター設定がモデルに存在する場合は、信号ラベルを使用することで、追加のデータ コピーを削除できる可能性があります。生成コードと静的コード メトリクス レポートを調査し、再利用する入力信号と出力信号のブロックを特定した後、信号線にラベルを追加して、[バッファーの再利用のガイドとして信号のラベルを使用] パラメーターを有効にできます。可能な場合、コード ジェネレーターは再利用の指定を実装します。

コマンド ライン情報

パラメーター: LabelGuidedReuse
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオフ
トレーサビリティオフ
効率性オン (実行、ROM、RAM)
安全対策影響なし

関連するトピック