Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

float と double を 0.0 に初期化するために memset を使用

説明

浮動小数点データを 0.0 に明示的に初期化するコードを生成するかどうかを指定します。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: オン (GUI)、'off' (コマンド ライン)

オン

memset を使用して、型にかかわらず浮動小数点データの内部ストレージを整数ビット パターン 0 (全ビット 0) にクリアします。コンパイラとターゲットの CPU のどちらも整数ビット パターン 0 によって浮動小数点ゼロを表している場合、実行および ROM の効率性を向上させるためにこのパラメーターを使用してください。

このパラメーターでは、コンフィギュレーション パラメーター [memcpy しきい値 (バイト)] をオンにして、memset 機能を有効にする必要があります。しきい値の値が十分高く設定されていることを確認します。

オフ

float および double 型のデータ向けストレージを 0.0 に明示的に初期化するためのコードを生成します。結果として生成されるコードは、オプションを選択したときに生成されるコードより多少非効率になります。

依存関係

このパラメーターには Simulink® Coder™ のライセンスが必要です。

コマンド ライン情報

パラメーター: InitFltsAndDblsToZero
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

メモ

コマンド ライン値は設定値の逆です。したがって、コマンド ラインの 'on' は設定セクションの "オフ" の説明に対応し、コマンド ラインの 'off' は設定セクションの "オン" の説明に対応します。

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性オン (GUI)、'off' (コマンド ライン)、(実行、ROM)、影響なし (RAM)
安全対策影響なし

関連するトピック