Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

boolean データを保存するためにビットセットを使用

説明

Boolean データの格納に必要なメモリ量を減らすために、ビットセットを使用します。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: オフ

オン

boolean データをビット セットに格納します。データを格納するために必要なメモリの量が減る可能性があります。boolean データにアクセスするために必要な命令の数が増えて、コードの最適性が低下する可能性があります。

オフ

boolean データを符号なしバイトに格納します。データを格納するために必要なメモリの量が増える可能性があります。boolean データにアクセスするために必要な命令の数が減って、コードの最適性が高まる可能性があります。

ヒント

  • boolean データを頻繁に参照しない Stateflow® チャートの場合は、このチェック ボックスをオンにします。

  • boolean データを頻繁に参照する Stateflow チャートの場合は、このチェック ボックスをオフにします。

依存関係

このパラメーターには Simulink® Coder™ のライセンスが必要です。

コマンド ライン情報

パラメーター: DataBitsets
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオフ
トレーサビリティオフ
効率性オフ (実行、ROM)、オン (RAM)
安全対策影響なし

関連するトピック