Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

テンプレート makefile

説明

makefile の生成元となるテンプレート makefile を指定します。

メモ

このパラメーターは、ビルド アプローチの選択およびビルド プロセスの設定で説明されているように、モデルがテンプレート makefile ベースのコード生成ターゲットを使用するよう設定されている場合にのみ表示されます。

カテゴリ: コード生成

設定

既定の設定: grt_default_tmf

テンプレート makefile では生成コードをコンパイルするためにビルドの make フェーズでどのコンパイラを実行するかを決定します。テンプレート makefile は次の方法で指定できます。

  • システム ターゲット ファイル ブラウザーを使用してターゲット コンフィギュレーションを選択することによって値を生成します。

  • カスタム テンプレート makefile ファイル名 (拡張子を含む) を明示的に入力します。ファイルは MATLAB® パス上になければなりません。

ヒント

  • カスタム テンプレート makefile にファイル名拡張子を指定しなかった場合、コード ジェネレーターは MATLAB 言語ファイルを検索して実行しようとします。

  • 既存のテンプレート makefile を変更したり独自のテンプレート makefile を使用するとビルド プロセスをカスタマイズできます。

依存関係

このパラメーターは [makefile の生成] を選択すると有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: TemplateMakefile
型: 文字ベクトル
値: 有効なテンプレート makefile ファイル名
既定の設定: 'grt_default_tmf'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック