Main Content

target.ProfilingFunctionOverhead クラス

パッケージ: target

関数の計測オーバーヘッドの取得

説明

target.ProfilingFunctionOverhead オブジェクトを使用して、関数をプロファイリングする際の計測オーバーヘッドを取得します。

target.ProfilingFunctionOverhead オブジェクトを作成するには、関数 target.create を使用します。

プロパティ

すべて展開する

関数をプロファイリングする際の計測オーバーヘッドを指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

データ型: int

プロセッサのタイマーの詳細を提供するオブジェクト。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

データ型: int

ベンチマーク プログラムが実行する最小の反復回数を指定して、測定オーバーヘッド値を計算します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

データ型: int

すべて折りたたむ

あるタイマーについて、関数の計測オーバーヘッドを手動で指定します。

target.Processor オブジェクトと target.Timer オブジェクトを取得します。

processor = target.get('Processor', 'myProcessorObjectId');
timer = target.get('Timer', 'myTimerObjectId');

target.ProfilingFunctionOverhead オブジェクトを作成します。

functionOverhead = target.create('ProfilingFunctionOverhead', ...
                             'Name', 'Timer Function Overhead');
functionOverhead.Value = 20;
functionOverhead.Counter = timer;

バージョン履歴

R2021a で導入