Main Content

target.API クラス

パッケージ: target

説明

API は、ソフトウェア アプリケーションまたはサービスの操作に関する一連のエントリポイント関数を定義します。target.API オブジェクトを使用して、ターゲット定義に関する API の詳細を提供します。target.APIImplementation を指定してこのクラスを使用し、API を使用してターゲット ハードウェアにビルドする方法について記述します。

target.API オブジェクトの作成には関数 target.create を使用します。

プロパティ

すべて展開する

API の名前。

例: timerApi.Name = 'Linux Timer API';

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

API 実装のプログラミング言語。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

API を構成するエントリポイント関数のセットについて記述する target.Function オブジェクトのベクトル。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

すべて折りたたむ

この例では、rtiostream C API の実装の詳細を提供します。

apiImp = target.create('APIImplementation', 'Name', ...
                       'x86 rtiostream Implementation');
apiImp.API = target.create('API', 'Name', 'rtiostream');
apiImp.BuildDependencies = target.create('BuildDependencies');
apiImp.BuildDependencies.SourceFiles = ...
      {fullfile('$(MATLAB_ROOT)', 'toolbox', ...
                'coder', 'rtiostream','src', ...
                'rtiostreamtcpip', 'rtiostream_tcpip.c')};
apiImp.MainFunction = target.create('MainFunction', ...
                      'Name', 'TCP RtIOStream Main');
apiImp.MainFunction.Arguments = {'-blocking', '1', '-port', '0'};

バージョン履歴

R2020b で導入