Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

システム ターゲット ファイル

説明

システム ターゲット ファイルを指定します。

カテゴリ: コード生成

設定

既定の設定: grt.tlc

システム ターゲット ファイルは以下の方法で指定できます。

  • システム ターゲット ファイル ブラウザーを使用します。[参照] ボタンをクリックすると、システム ターゲット ファイル、テンプレート makerfile、および make コマンドなど、事前設定済みのターゲット コンフィギュレーションを選択できます。

  • このフィールドにシステム ターゲット ファイル名を入力します。

ヒント

  • システム ターゲット ファイル ブラウザーには、MATLAB® パスで検出されたシステム ターゲット ファイルが一覧表示されます。一部のシステム ターゲット ファイルには、ライセンス許諾された追加製品が必要です。

  • ert.tlc などの ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを使用してコードを生成するには、Embedded Coder® ライセンスが必要です。

  • ERT ベースでないシステム ターゲット ファイルから ERT ベースのファイルに切り替えると、コンフィギュレーション パラメーターの [既定のパラメーター動作] は既定で [インライン] に設定されます。ただし、[既定のパラメーター動作] の設定は後で変更できます。詳細については、既定のパラメーター動作を参照してください。

  • ラピッド シミュレーション用のモデルを構成するには rsim.tlc を選択します。

  • Simulink® Real-Time™ 用のモデルを構成するには slrealtime.tlc を選択します。

コマンド ライン情報

パラメーター: SystemTargetFile
型: 文字ベクトル
値: 有効なシステム ターゲット ファイル
既定の設定: 'grt.tlc'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし
ERT ベース (Embedded Coder ライセンスが必要)

関連するトピック