Main Content

サポート: 非有限数

説明

非有限データおよび非有限データの演算を生成するかどうかを指定します。

カテゴリ: [コード生成]、[インターフェイス]

設定

既定の設定: オン

オン

非有限データ (たとえば、NaNInf) および関連する演算を生成します。

オフ

非有限データと演算を生成しません。このオプションの選択を解除する場合、コード ジェネレーターが非有限データまたは式を検出するとエラーが発生します。エラー メッセージには問題のブロックおよびパラメーターが示されます。

メモ

コード生成は、非有限データがないという前提で最適化されます。ただし、アプリケーションが、信号データまたは MATLAB® コードを通して非有限数を生成する場合は、生成されたコードが非有限データを処理する際の動作が、シミュレーション結果と一致しないことがあります。

依存関係

  • ERT ベースのターゲットでは、パラメーター [サポート: 浮動小数点数] を選択すると、[サポート: 非有限数] が有効になります。

  • 最上位モデルで [オフ] の場合、参照モデルで [オフ] にしなければなりません。

  • [MAT ファイルのログ] パラメーターを選択する場合は、[サポート: 非有限数] も選択しなければなりません。さらに ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを使用する場合は、[サポート: 浮動小数点数] も選択しなければなりません。

コマンド ライン情報

パラメーター: SupportNonFinite
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性オフ (実行、ROM)、影響なし (RAM)
安全対策

推奨なし

関連するトピック