Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コード生成時に TLC デバッガーを実行

説明

TLC デバッガーの使用を指定します。

カテゴリ: コード生成

設定

既定の設定: オフ

オン

コード生成中に TLC デバッガーが開始されます。

オフ

TLC デバッガーは開始されません。

ヒント

  • -dc 引数を [システム ターゲット ファイル] フィールドに入力して TLC デバッガーを開始することもできます。

  • デバッガーを呼び出してデバッガー スクリプトを実行するには、-df filename 引数を [システム ターゲット ファイル] フィールドに入力します。

コマンド ライン情報

パラメーター: TLCDebug
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオン
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック