Main Content

言語標準

説明

モデルの言語標準を指定します。

カテゴリ: コード生成

設定

既定の設定: [C99 (ISO)] または [言語][C++] に設定されている場合は [C++11 (ISO)]

C89/C90 (ANSI)

ISO®/IEC 9899:1990 C 言語標準に準拠したコードを生成します。

C99 (ISO)

ISO/IEC 9899:1999 C 言語標準に準拠したコードを生成します。

C++03 (ISO)

ISO/IEC 14882:2003 C++ 言語標準に準拠したコードを生成します。

C++11 (ISO)

ISO/IEC 14882:2011 C++ 言語標準に準拠したコードを生成します。

ヒント

  • このパラメーターを設定する前に、使用する標準がコンパイラでサポートされていることを確認してください。コンパイラでサポートされていないパラメーター値を選択した場合、コンパイラ エラーが発生することがあります。

  • ISO/IEC 9899:1999 C をサポートしていないコンパイラを使用している場合はこのパラメーターを [C89/C90 (ANSI)] に設定します。

  • 指定した言語標準とツールチェーンに互換性があるかどうかビルド プロセスでチェックされます。互換性がない場合、コード生成中に警告が発生しますがビルド プロセスは継続します。

  • ビルド プロセスに Linux® の GCC コンパイラを使用する場合、コンパイラの既定の言語標準を使用して生成コードがコンパイルされます。既定の言語標準はコンパイラのバージョンによって異なります。詳細については、C++ Standards Support in GCC を参照してください。

    たとえば、GCC コンパイラ 8.x を使用する場合、パラメーター [言語標準]C++03 に設定すると、コンパイルには C++14 言語標準が使用されます。C++14 を使用することにより、C++11C++14 の機能を使用するカスタム コードを統合した生成コードのビルドが可能になります。

    パラメーターで指定した言語標準をコンパイル プロセスに適用する場合は、言語標準に固有のコンパイラ フラグを手動で追加しなければなりません。コードのビルドにツールチェーンを使用するようにモデルが構成されている場合は、次の手順を使用します。

    1. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、[ビルド構成][Specify] に設定します。

    2. [ツールチェーンの詳細] で、C Compiler および C++ Compiler[オプション] フィールドのエントリの最後に次のコンパイラ フラグを手動で追加します。

      • [言語標準]C99(ISO) に設定されている場合は、フラグ -std=c99 -pedantic を追加します。

      • [言語標準]C89/90(ANSI) に設定されている場合は、フラグ -ansi -pedantic を追加します。

      • [言語標準]C++03 に設定されている場合は、フラグ -std=c++03 -pedantic を追加します。

      • [言語標準]C++11 に設定されている場合は、フラグ -std=c++11 -pedantic を追加します。

依存関係

  • [言語] パラメーターで [C++] を選択した場合のみ [C++03] を使用できます。

  • [言語] パラメーターの値を変更すると、[言語標準] が C の場合は [C99 (ISO)] に、C++ の場合は [C++11 (ISO)] に更新されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: TargetLangStandard
型: 文字ベクトル
値: 'C89/C90 (ANSI)' | 'C99 (ISO)' | 'C++03 (ISO)' | 'C++11 (ISO)'
既定の設定: C の場合 'C99 (ISO)'、C++ の場合 'C++11 (ISO)'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性有効なライブラリ
安全対策影響なし

関連するトピック