このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

カスタム最適化を指定

説明

このパラメーターを選択して、[詳細] セクションで最適化パラメーターを有効にします。このパラメーターを選択すると、[優先順位] パラメーターと [レベル] パラメーターを設定するのではなく、個々の最適化パラメーターを選択できるようになります。

設定

既定の設定: オフ

オン

[詳細] セクションのパラメーターを個別にオンまたはオフにすることができます。

オフ

[詳細] セクションのパラメーターを無効にし、これらのパラメーターを個々にオンまたはオフにできないようにします。

このパラメーターをオフにすると [レベル] パラメーターと [優先順位] パラメーターが有効になり、[詳細] セクションのパラメーターが [レベル] パラメーターと [優先順位] パラメーターの現在の設定にリセットされます。

依存関係

このパラメーターには次の特徴があります。

  • [詳細] セクションのパラメーターを有効にします。

  • Embedded Coder® ライセンスが必要です。

  • ERT ベースのターゲットの場合にのみ表示されます。

ヒント

ソフトウェアをアップグレードする計画がある場合、次のことに注意してください。

  • [優先順位] パラメーターと [レベル] パラメーターを設定すると、後続の各リリースでこれらの設定に対応する最新の最適化が有効になります。

  • [カスタム最適化を指定] を選択すると、将来のリリースでモデルを読み込むときに、アップグレード時にソフトウェアを採用した後のリリースで導入された最適化パラメーターが off に設定されます。ソフトウェアのアップグレード時に生成コードの変更の数を減らす場合は、このオプションが適しています。

コマンド ライン情報

パラメーター: OptimizationCustomize
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグOff および [レベル] パラメーターを Minimize (debugging) に設定する
トレーサビリティOff および [レベル] パラメーターを Minimize (debugging) に設定する
効率性個々のパラメーター設定に依存
安全対策影響なし

参考

|

関連するトピック