このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

Simulink データ オブジェクトの説明

説明

Simulink® データ オブジェクトの説明をコメントとして生成コードに挿入するかどうかを指定します。

このパラメーターは、生成コードに構造体として現れるように設定した Simulink.LookupTable オブジェクトまたは Simulink.Breakpoint オブジェクトには影響しません (すべてのテーブルとブレークポイント データを 1 つの Simulink.LookupTable オブジェクトに保存する場合など)。

カテゴリ: [コード生成]、[コメント]

設定

既定の設定: オン

オン

各 Simulink データ オブジェクト (信号オブジェクト、パラメーター オブジェクト、バス オブジェクト) のモデル エクスプローラーの [オブジェクト プロパティ] ペインの [説明] フィールドの内容をコメントとして生成コードに挿入します。

モデルの文字セット エンコードで表示されない文字列のコード ジェネレーターによる処理についての詳細は、地域と言語の設定とコード生成を参照してください。

オフ

生成コードにコメントとしてデータ オブジェクト プロパティの説明を生成するのを抑制します。

依存関係

  • このパラメーターは ERT ベースのターゲットの場合にのみ表示されます。

  • このパラメーターには、コード生成時に Embedded Coder® のライセンスが必要です。

コマンド ライン情報

パラメーター: SimulinkDataObjDesc
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオン
トレーサビリティオン
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック