最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

信号ストレージの再利用

説明

信号メモリを再利用します。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: オン

オン

Simulink® は、ブロックの入力信号と出力信号を格納するために割り当てられたメモリ バッファーを再利用して、リアルタイム プログラムに必要なメモリ量を削減します。

オフ

Simulink は、各ブロックの出力に別々のメモリ バッファーを割り当てます。これにより、すべてのブロック出力がグローバルかつ固有になりますが、RAM と ROM の使用量が大幅に増加する可能性が高くなります。

ヒント

  • このオプションは、ストレージ クラスが Auto の信号にのみ適用されます。

  • 信号ストレージは、同じデータ型の信号間でのみ再利用できます。

  • このオプションを選択解除すると、大規模モデルをシミュレーションするために必要なメモリの量が大幅に増加する可能性があります。

  • このオプションは以下の場合に選択解除してください。

    • C-MEX S-Function をデバッグする必要がある場合

    • Floating Scope ブロックまたは [フローティング表示] オプションを選択した状態の Floating Scope ブロックを使用して、デバッグ対象モデルに含まれている信号を検査する必要がある場合

  • Simulink では、[信号ストレージの再利用] が有効になっている場合に、Floating Scope ブロックまたはフローティング Display ブロックを使用してバッファーが再利用されている信号を表示しようとすると、エラー ダイアログが開きます。

依存関係

このパラメーターは以下を有効にします。

Embedded Coder® ライセンスをお持ちの場合、このパラメーターによって次のものが有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター:OptimizeBlockIOStorage
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオフ
トレーサビリティオフ
効率性オン
安全対策影響なし

関連するトピック