Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

共有コードの配置

説明

ユーティリティ関数、エクスポートされたデータ型定義、およびカスタム ストレージ クラスがあるエクスポートされたデータの宣言を生成する場所を指定します。

カテゴリ: [コード生成]、[インターフェイス]

設定

既定の設定: 自動

自動

コード ジェネレーターは、既存の共有コード (Embedded Coder)または少なくとも次のブロックの 1 つを含むモデルの codeGenFolder/slprj/target/_sharedutils (または codeGenFolder/targetSpecific/_shared) フォルダー内にユーティリティ コードを配置します。

  • Model ブロック

  • Simulink Function ブロック

  • Function Caller ブロック

  • Stateflow または MATLAB Function ブロックからの Simulink 関数の呼び出し

  • [チャート レベルの関数をエクスポート] パラメーターを選択した場合の Stateflow グラフィカル関数

モデルに上記のブロックのいずれかまたは既存の共有コード (Embedded Coder)が含まれていない場合、コード ジェネレーターはユーティリティ コードをビルド フォルダー (通常は model.c または model.cpp を含むフォルダー) に配置します。

共有場所

codeGenFolder/slprj/target/_sharedutils (または codeGenFolder/targetSpecific/_shared) フォルダー内にユーティリティのコードが配置されるように指示します。

コマンド ライン情報

パラメーター: UtilityFuncGeneration
型: 文字ベクトル
値: 'Auto' | 'Shared location'
既定の設定: 'Auto'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ[共有場所] (GRT)
影響なし (ERT)
トレーサビリティ[共有場所] (GRT)
影響なし (ERT)
効率性影響なし (実行、RAM)
[共有場所] (ROM)
安全対策影響なし

関連するトピック