Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ローカル ブロック出力の再利用

説明

Simulink® Coder™ ソフトウェアによって信号メモリを再利用するかどうかを指定します。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: オン

オン
  • Simulink Coder ソフトウェアは信号メモリを再利用しようとすることで、信号がローカル変数にバッファーされる場合のスタック サイズを縮小します。

  • このパラメーターを選択すると、コードの効率性が高まる代わりにトレーサビリティは低下します。

オフ

信号は一意の場所に格納されます。

依存関係

このパラメーターには次の特徴があります。

  • [信号ストレージの再利用] パラメーターを選択すると有効になります。

  • Simulink Coder のライセンスが必要です。

コマンド ライン情報

パラメーター: BufferReuse
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオフ
トレーサビリティオフ
効率性オン
安全対策影響なし

関連するトピック