このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

Data Store Read ブロックと Data Store Write ブロックのバッファーの再利用

説明

Data Store Read ブロックと Data Store Write ブロックの一時的なバッファーを削除します。可能な場合は、Data Store Memory ブロックを直接使用します。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: オン

オン

可能であれば、Embedded Coder®Data Store Memory ブロックから直接読み取り、Data Store Memory ブロックに直接書き込みます。Data Store Memory ブロックを直接使用すると、生成コードのデータ コピー数が減り、RAM 消費量が節約され、コードの実行速度が上がります。

オフ

Embedded Coder は、生成コードに Data Store Read ブロックと Data Store Write ブロックのバッファーを挿入します。

依存関係

  • パラメーター [信号ストレージの再利用] によって、このパラメーターが有効になります。

  • このパラメーターには Embedded Coder のライセンスが必要です。

  • このパラメーターは ERT ベースのターゲットの場合にのみ表示されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: OptimizeDataStoreBuffers
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティオフ
効率性オン
安全対策

推奨なし

関連するトピック