Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

予約名

説明

カスタム コードに指定した変数または関数の名前と一致する生成コード内の変数または関数の名前を入力します。

カテゴリ: [コード生成]、[識別子]

設定

既定の設定: {}

このアクションでは、生成されたコード内の変数または関数の名前が変更され、カスタム コード内の識別子との名前の競合が回避されます。予約名は 256 文字よりも短くなければなりません。

ヒント

  • コード ジェネレーターのキーワードを入力しないでください。これらの名前は生成コードで変更できません。使用できないキーワードのリストについては、予約キーワードを参照してください。

  • エラー メッセージを防止するために、予約名の最初の文字には文字またはアンダースコアを使用してください。

  • 予約名に含めることができるのは、文字、数字、またはアンダースコアだけです。

  • 予約名を区切るには、コンマまたはスペースを使用します。

  • 次のコマンド ラインを使用して予約名を指定することもできます。

    config_param_object.set_param('ReservedNameArray', {'abc','xyz'})

    ここで、config_param_object は [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスのモデル設定のオブジェクト ハンドルです。

コマンド ライン情報

パラメーター: ReservedNameArray
型: 文字ベクトルの cell 配列または string 配列
値: 256 文字よりも短い予約名
既定の設定: {}

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック