Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

範囲外の値をラップする浮動小数点から整数への変換コードを削除

説明

浮動小数点から整数への変換が範囲外の結果になる場合を処理するラッピング コードを削除します。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: オフ

オン

範囲外変換が起きた場合にコードを削除します。コードの効率性がアプリケーションにとって重要であり、次の条件がモデル内の少なくとも 1 つのブロックに当てはまる場合は、このチェック ボックスをオンにしてください。

  • ブロックの出力またはパラメーターの計算に、浮動小数点データから整数データまたは固定小数点データへの変換が含まれる。

  • [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスの [整数オーバーフローで飽和] チェック ボックスが選択解除されている。

注意

生成されたコードを実行しても、シミュレーションと同じ結果が得られるとは限りません。

オフ

範囲外変換が起きたときに、生成されたコードのシミュレーションと実行の結果が一致します。このチェック ボックスをオンにした場合よりも、生成されたコードが大きくなります。

ヒント

  • このチェック ボックスをオンにすると、生成されたコードのサイズが縮小し、処理が高速化しますが、範囲外の値がある場合の結果がシミュレーションと一致しなくなる可能性があります。

  • このチェック ボックスをオンにしても、影響を受けるのは範囲外の値のコード生成結果だけであり、範囲内の値のコード生成結果がシミュレーションの結果と異なることはありません。

依存関係

このパラメーターには Simulink® Coder™ のライセンスが必要です。

コマンド ライン情報

パラメーター: EfficientFloat2IntCast
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオフ
トレーサビリティオフ
効率性オン (実行、ROM)、影響なし (RAM)
安全対策

影響なし

関連するトピック