このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

優先順位

説明

実行効率性の向上、RAM 消費の減少、または実行効率性と RAM 消費のバランスを取るために、生成されたコードを最適化します。

設定

既定の設定: RAM と速度のバランス

RAM と速度のバランス

RAM と実行速度のバランスを取るコード生成を構成します。

実行速度を最大化

実行速度を最大化するコード生成設定を適用します。

RAM を最小化

RAM 消費を最小化するコード生成設定を適用します。

依存関係

  • [レベル] パラメーターを Maximum に設定してこのパラメーターを有効にします。

  • このパラメーターには Embedded Coder® のライセンスが必要です。

  • このパラメーターは ERT ベースのターゲットの場合にのみ表示されます。

ヒント

[優先順位][レベル] パラメーター値それぞれに対して、[詳細] セクションのパラメーターに対応する値があります。これらのさまざまな設定には以下のような重要な違いがいくつかあります。

  • [レベル] パラメーターを Minimum (debugging) に設定すると、[詳細] セクションのパラメーターがオフに設定されます。コード ジェネレーターは、生成されたコードをデバッグしやすくするための最適化 (変数やコードの削除) を実装しません。

  • Balanced with ReadabilityBalance RAM and speed のパラメーター設定は、次の 3 つのパラメーター以外は同じです。

    • サイズと次元が異なるバッファーの再利用

    • グローバル データ アクセスの最適化

    • 生成されたコードにおけるブロック演算順序の最適化

    上記の最適化は、Atomic Subsystem の境界を越え、[生成されたコードにおけるブロック演算順序の最適化] によって生成されたコードでのブロックの実行順序が変更され、シミュレーションとは異なる可能性があるため、可読性を損なう場合があります。

  • RAM が制限されている場合、Minimize RAM 設定を選択します。この設定により、実行速度が低下する可能性がある代わりに RAM を削減する以下の最適化が有効になります。

    • boolean データをビットフィールドにパッキング

    • サイズと次元が異なるバッファーの再利用

    • ステートの設定を保存するためにビットセットを使用

    • boolean データを保存するためにビットセットを使用

    この設定により、[生成されたコードにおけるブロック演算順序の最適化]Improved Code Execution Speed から off に変更されます。

次の表は、[優先順位][レベル] パラメーター値それぞれに対する、[詳細] セクションのパラメーターに対応する値を示します。

パラメーター設定
レベルMinimum (debugging)Balanced with readabilityMaximum 
優先順位該当なし (N/A)N/ABalance RAM and speedMaximize execution speedMinimize RAM
詳細  
ベクトルの割り当てに対して memcpy を使用OffOnOnOnOn関数 memcpy を使用したベクトルの代入に対する生成コードの最適化
memcpy しきい値 (バイト)Off64646464関数 memcpy を使用したベクトルの代入に対する生成コードの最適化
ローカルなブロックの出力を有効にするOffOnOnOnOn生成されたコードにおけるローカル ブロック出力の有効化と再利用
ローカル ブロック出力の再利用OffOnOnOnOn生成されたコードにおけるローカル ブロック出力の有効化と再利用
余分なローカル変数の削除 (式の畳み込み)OffOnOnOnOnブロック出力時の中間結果の計算と保存の最小化
グローバル ブロック出力の再利用OffOnOnOnOn生成コードでのグローバル ブロック出力の再利用 (Embedded Coder)
Assignment ブロックおよび Bus Assignment ブロックの更新でインプレース更新を実行するOffOnonOnOnData copy reduction for Bus Assignment block (Embedded Coder)
Data Store Read ブロックと Data Store Write ブロックのバッファーの再利用OffOnOnOnOnData Copy Reduction for Data Store Read and Data Store Write Blocks (Embedded Coder)
配列のインデックスを簡略化するOffOffOffOnOffSimplify Multiply Operations in Array Indexing (Embedded Coder)
boolean データをビットフィールドにパッキングOffOffOffOffOnOptimize Generated Code By Packing Boolean Data Into Bitfields (Embedded Coder)
サイズと次元が異なるバッファーの再利用OffOffOnOffOnReuse Buffers of Different Sizes and Dimensions (Embedded Coder)
グローバル データ アクセスの最適化NoneNoneUse global to hold temporary resultsNoneUse global to hold temporary resultsグローバル変数の使用の最適化 (Embedded Coder)
生成されたコードにおけるブロック演算順序の最適化OffOffImproved Code Execution SpeedImproved Code Execution SpeedOffRemove Data Copies by Reordering Block Operations in the Generated Code (Embedded Coder)
ステートの設定を保存するためにビットセットを使用OffOffOffOffOnReduce Memory Usage for Boolean and State Configuration Variables (Embedded Coder)
boolean データを保存するためにビットセットを使用OffOffOffOffOnReduce Memory Usage for Boolean and State Configuration Variables (Embedded Coder)

ソフトウェアをアップグレードする計画がある場合、次のことに注意してください。

  • [レベル] パラメーターと [優先順位] パラメーターを設定すると、後続の各リリースで上記のパラメーター設定に対応する最新の最適化が有効になります。

  • [カスタム最適化を指定] パラメーターを選択すると、[詳細] セクションで個々のパラメーターを選択できるようになります。将来のリリースでモデルを読み込むと、アップグレード時にソフトウェアを採用した後のリリースで導入された最適化パラメーターが off に設定されます。ソフトウェアのアップグレード時に生成コードの変更の数を減らす場合は、このオプションが適しています。

コマンド ライン情報

パラメーター: OptimizationPriority
値: 'Balanced' | 'Speed' | 'RAM'
既定の設定: 'Balanced'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性Minimize RAM (RAM)、Maximum execution speed (速度)、Balance RAM and speed (平衡化)
安全対策影響なし

参考

|

関連するトピック