最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

最大スタック サイズ (バイト)

説明

モデルの最大スタック サイズをバイト単位で指定します。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: Inherit from target

ターゲットから継承

Simulink® Coder™ ソフトウェアによって最大スタック サイズが次のうち小さい方の値に割り当てられます。

  • Simulink Coder ソフトウェアによって設定された既定値 (200,000 バイト)

  • システム ターゲット ファイル内の TLC 変数 MaxStackSize の値

<値を指定してください>

正の整数値を指定します。Simulink Coder ソフトウェアによって、ここで指定した値に最大スタック サイズが割り当てられます。

メモ

モデルの最大スタック サイズを指定する場合、参照モデルに必要なスタック サイズの推定値は、親モデルに指定された最大スタック サイズより小さくなければなりません。

ヒント

  • 最大スタック サイズをゼロに指定した場合、生成されたコードではすべての変数がグローバル データとして実装されます。

  • 最大スタック サイズを inf に指定した場合、生成されたコードに含まれるグローバル変数の数は最小になります。

  • モデルに 4096 バイトを超える変数が含まれる場合、コード ジェネレーターではその変数は既定でグローバル メモリに実装されます。TLC 変数 MaxStackVariableSize の値を変更して、コード ジェネレーターでローカル メモリに配置される変数のサイズを大きくすることができます。この値を変更するには、MATLAB コマンド ウィンドウで次のコマンドを入力します。
    set_param(modelName,'TLCOptions','-aMaxStackVariableSize=N')

コマンド ライン情報

パラメーター: MaxStackSize
タイプ: int
値: 有効な値
既定の設定: Inherit from target

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック