Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

make コマンド

説明

make コマンドを指定し、オプションで makefile オプションを追加します。

メモ

このパラメーターは、ビルド アプローチの選択およびビルド プロセスの設定で説明されているように、モデルがテンプレート makefile ベースのコード生成ターゲットを使用するよう設定されている場合にのみ表示されます。

カテゴリ: コード生成

設定

既定の設定: make_rtw

コード生成ソフトウェアがビルド プロセスを制御するために使用する MATLAB® 内部コマンドです。ビルドの開始時に、指定された make コマンドが呼び出されます。

  • 各ターゲットにはシステム ターゲット ファイル ブラウザーを使用してターゲット ファイルを選択するときに自動的に提供される make コマンドが関連付けられています。

  • 一部のサードパーティのターゲットでは make コマンドが提供されています。各ベンダーのドキュメンテーションを参照してください。

  • [make コマンド] フィールドに makefile オプションを提供します。このオプションは make ユーティリティのコマンド ライン呼び出しに渡され、コンパイラに渡される全体のフラグに追加されます。次の例のように make コマンドの後にオプションを追加します。

    make_rtw OPTS="-DMYDEFINE=1"

    makefile オプションの構文はコンパイラの種類によって多少異なります。

ヒント

  • 大部分のターゲットでは既定のコマンドを使用します。

  • make_rtw またはその他の内部 make コマンドを MATLAB コードから直接呼び出さないでください。MATLAB コードからモデル ビルドを開始するには、slbuild または slbuild などのドキュメントに記載されているビルド コマンドを使用します。

依存関係

このパラメーターは [makefile の生成] を選択すると有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: MakeCommand
型: 文字ベクトル
値: 有効な make コマンド MATLAB 言語ファイル
既定の設定: 'make_rtw'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策推奨なし

関連するトピック