Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

インクルード ディレクトリ

説明

インクルード パスに追加するインクルード フォルダーのリストを指定します。

カテゴリ: [コード生成]、[カスタム コード]

設定

既定の設定:''

生成コードのコンパイル時に、インクルード パスに追加するインクルード フォルダーのリストをスペースで区切って入力します。

  • フォルダーの絶対パスまたは相対パスを指定します。

  • 相対パスは、ビルド フォルダーに対して相対的ではなく、モデル ファイルを含むフォルダーに対して相対的でなければなりません。

  • フォルダーを指定する順序は、ヘッダー、ソースおよびライブラリ ファイルが検索される順序です。

メモ

1 つ以上のスペースを含む Windows® パスを指定する場合は、パスを二重引用符で囲まなければなりません。たとえば、次の [インクルード ディレクトリ] エントリの 2 番目と 3 番目のパスは二重引用符で囲まなければなりません。

C:\Project "C:\Custom Files" "C:\Library Files"

同等のコマンド ライン パラメーター CustomInclude を設定する場合、スペースを含む各パスは、一重引用符で囲まれた 3 番目の引数文字ベクトル内で個々に二重引用符で囲まなければなりません。次に例を示します。

>> set_param('mymodel', 'CustomInclude', ...
             'C:\Project "C:\Custom Files" "C:\Library Files"')

コマンド ライン情報

パラメーター: CustomInclude
型: 文字ベクトル
値: フォルダー パス
既定の設定: ''

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック