Main Content

getFunctionDefault

モデル関数カテゴリに対する既定の関数カスタマイズ テンプレートまたはメモリ セクションの取得

    説明

    propertyValue = getFunctionDefault(myCodeMappingObj,category,property) は指定された関数カテゴリに対して指定されたプロパティの値を返します。

    モデルがサービス インターフェイス構成にリンクされている場合、既定の関数の構成は指定できません。

    すべて折りたたむ

    モデル myConfigModel について、モデル コード マッピングから実行関数に対する既定の関数カスタマイズ テンプレートを取得します。

    cm = coder.mapping.api.get('myConfigModel');
    defaultFuncTemplateExe = getFunctionDefault(cm,'Execution','FunctionCustomizationTemplate');
    

    モデル myConfigModel に対して、モデル コード マッピングから初期化関数と終了関数に対する既定の関数カスタマイズ テンプレートを取得します。

    cm = coder.mapping.api.get('myConfigModel');
    defaultMemSecExe = getFunctionDefault(cm,'InitializeTerminate','MemorySection');
    

    入力引数

    すべて折りたたむ

    関数 coder.mapping.api.get の呼び出しによって返されるコード マッピング オブジェクト (モデル コード マッピング)。

    例: myCM

    既定の関数カスタマイズ テンプレートまたはメモリ セクションを返すモデルのエントリポイント関数のカテゴリ。

    例: 'Execution'

    値を返す FunctionCustomizationTemplate または MemorySection

    例: 'FunctionCustomizationTemplate'

    出力引数

    すべて折りたたむ

    関数カスタマイズ テンプレートまたはメモリ セクションの名前。

    データ型: char | string

    バージョン履歴

    R2020b で導入