Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

getDefines

ビルド情報からプリプロセッサ マクロ定義を取得

説明

[macrodefs,identifiers,values] = getDefines(buildinfo,includeGroups,excludeGroups) は、ビルド情報からプリプロセッサ マクロ定義を返します。

関数は buildinfomacrodefsidentifiers、および values 引数を必要とします。オプション引数 includeGroupsexcludeGroups を使用できます。これらのオプション引数を使用すると、関数で返されたプリプロセッサ マクロ定義から、グループを選択的に含めるか、除外することができます。

excludeGroups を指定して includeGroups を除外する場合は includeGroups にヌル文字ベクトル ('') を指定してください。

すべて折りたたむ

ビルド情報 myBuildInfo に保存されているプリプロセッサ マクロ定義を取得します。

myBuildInfo = RTW.BuildInfo;
addDefines(myBuildInfo, ...
   {'PROTO=first' '-DDEBUG' 'test' '-dPRODUCTION'},'OPTS');
[defs,names,values] = getDefines(myBuildInfo);
>> defs

defs = 

    '-DPROTO=first'   '-DDEBUG'   '-Dtest'   '-DPRODUCTION'

>> names

names = 
 
    'PROTO'
    'DEBUG'
    'test'
    'PRODUCTION'

>> values

values = 

    'first'
    ''
    ''
    ''

ビルド情報 myBuildInfoDebug というグループ名で保存されているプリプロセッサ マクロ定義を取得します。

myBuildInfo = RTW.BuildInfo;
addDefines(myBuildInfo, ...
   {'PROTO=first' '-DDEBUG' 'test' '-dPRODUCTION'}, ...
   {'Debug' 'Debug' 'Debug' 'Release'});
[defs,names,values] = getDefines(myBuildInfo,'Debug');
>> defs

defs = 

    '-DPROTO=first'   '-DDEBUG'     '-Dtest'

Debug というグループ名をもつプリプロセッサ マクロ定義を除いて、ビルド情報 myBuildInfo に保存されているプリプロセッサ マクロ定義を取得します。

myBuildInfo = RTW.BuildInfo;
addDefines(myBuildInfo, ...
   {'PROTO=first' '-DDEBUG' 'test' '-dPRODUCTION'}, ...
   {'Debug' 'Debug' 'Debug' 'Release'});
[defs,names,values] = getDefines(myBuildInfo,'','Debug');
>> defs

defs = 

    '-DPRODUCTION'

入力引数

すべて折りたたむ

includeGroups 引数を使用するには、myGroups = getGroups(buildInfo) を使用して、利用可能なグループを表示します。

例: ''

excludeGroups 引数を使用するには、myGroups = getGroups(buildInfo) を使用して、利用可能なグループを表示します。

例: ''

出力引数

すべて折りたたむ

macrodefs は、接頭辞 -D を含む完全なマクロ定義を提供します。関数が定義を返すときは以下の操作が行われます。

  • ビルド情報に定義を追加するときに -D が指定されていなかった場合は、定義の最初に -D を付加します。

  • 小文字の -d-D に変更します。

values は、マクロ定義の最初の等号より右側に指定されている任意の内容を提供します。既定値は空の文字ベクトルです ('')。

バージョン履歴

R2006a で導入