このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

並列 for ループの生成

説明

生成されたコードの for ループが入力データ サイズの大きい MATLAB Function ブロック、MATLAB System ブロック、For Each Subsystem ブロックに並列で実装されるかどうかを指定します。MATLAB Function ブロックと MATLAB System ブロックの並列実行は、従来の for ループではなく、コードで parfor ループを使用します。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: オフ

オン

複数のスレッドを使用して OpenMP 並列 for ループを実行します。

オフ

単一のスレッドを使用して for ループを実行します。

依存関係

このパラメーターを使用するには、Embedded Coder® および Parallel Computing Toolbox™ がインストールされていなければなりません。

コマンド ライン情報

パラメーター: MultiThreadedLoops
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオフ
トレーサビリティオフ
効率性オン (実行速度)
安全対策影響なし

関連するトピック