Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

重複する列挙型メンバー名

説明

コード ジェネレーターが、同じメンバー名をもつ 2 つの列挙型を検出した場合に行う診断アクションを選択します。このパラメーターは、インポートされたデータ スコープ、同じストレージ型と値をもつ列挙型にのみ適用されます。

カテゴリ: [コード生成]、[Identifier]

設定

既定の設定: エラー

なし

コード ジェネレーターが同じメンバー名をもつ 2 つの列挙型を検出しても、コード生成は続行されます。

警告

コード ジェネレーターが同じメンバー名をもつ 2 つの列挙型を検出すると、ソフトウェアは警告メッセージを発行し、コード生成は続行されます。

エラー

コード ジェネレーターが同じメンバー名をもつ 2 つの列挙型を検出すると、ソフトウェアはエラー メッセージを発行し、コード生成を終了します。

コマンド ライン情報

パラメーター: EnumMemberNameClash
型: character vector
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'error'

次の列挙型について考えます。

typedef int32_T enumA;
#define a       (0)
#define p       (1)
typedef int32_T enumB;
#define b       (0)
#define p       (1)
列挙型のストレージ型は同じ int32 です。値 1 をもつ列挙型メンバー penumA および enumB で同じです。

[重複する列挙型メンバー名] コンフィギュレーション パラメーターを使用して、列挙型メンバー名の重複に対して、エラーまたは警告メッセージを生成するか、コード生成を許可します。

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック