最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

既定のパラメーター動作

説明

生成コードで数値ブロック パラメーターをインライン化された定数値に変換します。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: GRT ターゲットの場合は [調整可能] | ERT ターゲットの場合は [インライン]

インライン

[既定のパラメーター動作][インライン] に設定して、グローバル RAM の使用量を削減し、生成コードの効率を上げます。Gain ブロックの [ゲイン] パラメーターなどの数値ブロック パラメーターを表すためにメモリの割り当ては行われません。代わりに、これらのブロック パラメーターのリテラル数値がインライン化されます。

調整可能

[既定のパラメーター動作][調整可能] に設定して、生成コードでの数値ブロック パラメーターの調整可能性を有効にします。このコードは、MATLAB® 数値変数などの、ストレージ クラス Auto を使用する数値ブロック パラメーターと変数を、グローバル パラメーター構造体の調整可能なフィールドとして表します。

ヒント

  • [既定のパラメーター動作][インライン] または [調整可能] に設定すると、ブロック パラメーターの調整可能性を維持するためのパラメーター データ オブジェクトが作成されます。詳細については、生成されたコードにおける調整可能なキャリブレーション パラメーターの作成を参照してください。

  • ERT ベースでないシステム ターゲット ファイルから ERT ベースのシステム ターゲット ファイルに切り替えると、[既定のパラメーター動作] が既定で [インライン] に設定されます。ただし、[既定のパラメーター動作] の設定は後で変更できます。

  • 最上位モデルが参照モデルを使用しているか、モデルが別のモデルから参照されている場合は以下のようになります。

    • 最上位モデルで [既定のパラメーター動作][インライン] に設定されている場合、参照モデルで [既定のパラメーター動作][インライン] に設定しなければなりません。

    • 最上位モデルでは [既定のパラメーター動作][調整可能] または [インライン] に設定できます。

  • モデルに Environment Controller ブロックが含まれている場合に、[既定のパラメーター動作][インライン] に設定しており、Sim 端子に接続された分岐に外部信号が含まれていないときは、この分岐のコード生成を抑制できます。

依存関係

[既定のパラメーター動作][インライン] に設定すると、インライン不変信号コンフィギュレーション パラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: DefaultParameterBehavior
型: 文字ベクトル
値: 'Inlined' | 'Tunable'
既定の設定: GRT ターゲットの場合は 'Tunable' | ERT ターゲットの場合は 'Inlined'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ開発中は [調整可能]
量産コード生成の場合は [インライン]
トレーサビリティインライン
効率性インライン
安全対策影響なし

関連するトピック