Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタム LAPACK ライブラリのコールバック

説明

MATLAB® コードから生成されたコードで LAPACK 呼び出しの LAPACK ライブラリ コールバック クラスを指定します。このパラメーターは、MATLAB Function ブロック、Stateflow® チャート、または MATLAB System ブロックに関連付けられた System object™ の MATLAB コードに適用されます。

カテゴリ: コード生成

設定

既定の設定: ''

coder.LAPACKCallback から派生する LAPACK コールバック クラスの名前を指定します。LAPACK コールバック クラスを指定すると、特定の線形代数関数では、コード ジェネレーターが LAPACK ライブラリへの LAPACKE C インターフェイスを使用して LAPACK 呼び出しを生成します。このコールバック クラスは、LAPACKE ヘッダー ファイルの名前と LAPACK ライブラリへのリンクに必要な情報を提供します。このパラメーターが空の場合、コード ジェネレーターは LAPACK 呼び出しではなく線形代数関数のコードを生成します。

制限

クラス定義ファイルは、MATLAB パス上のフォルダーになければなりません。

ヒント

クラスの名前のみ指定します。クラス定義ファイルの名前は指定しないでください。

コマンド ライン情報

パラメーター: CustomLAPACKCallback
型: 文字ベクトル
値: クラス名
既定の設定: ''

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック