Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタム コンパイラ最適化フラグ

説明

モデルの生成コードのビルドに適用されるコンパイラ最適化フラグを指定します。

メモ

このパラメーターは、ツールチェーンまたはテンプレート makefile のビルド プロセスの設定で説明されているように、モデルがテンプレート makefile ベースのコード生成ターゲットを使用するよう設定されている場合にのみ表示されます。

カテゴリ: コード生成

設定

既定の設定: ''

たとえば -O2 のように、コンパイラ最適化フラグを引用符で囲まずに指定します。

依存関係

[コンパイラ最適化レベル] パラメーターで値 [カスタム] を選択すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: RTWCustomCompilerOptimizations
型: 文字ベクトル
値: '' | ユーザー指定のフラグ
既定の設定: ''

推奨設定

コンパイラ最適化レベルを参照してください。

関連するトピック