Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コード生成レポートを作成

説明

HTML レポートに生成されたコードを記述します。

カテゴリ: [コード生成]、[レポート]

設定

既定の設定: オフ

オン

HTML レポートにコード生成ソース ファイルの概要を生成します。レポート ファイルをビルド フォルダー内の html フォルダーに配置します。レポートの内容は以下のとおりです。

  • [概要] セクションにはバージョンと日付の情報がリストされます。[コード生成時のコンフィギュレーション設定] リンクをクリックすると、編集不可の [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスが開き、コード生成時の TLC オプションを含む Simulink® モデル設定が表示されます。

  • [Subsystem レポート] セクションにはモデル内の非バーチャル サブシステムについての情報があります。

  • [コード インターフェイス レポート] セクションにはモデル エントリ ポイント関数や入出力データなど、生成されたコード インターフェイスに関する情報があります (Embedded Coder® ライセンスと ERT ターゲットが必要)。

  • [トレーサビリティ レポート] セクションにはモデル要素とコード間の詳細なマッピングが示され、リストされている [追跡可能な Simulink ブロック/追跡可能な Stateflow オブジェクト/追跡可能な MATLAB スクリプト] に対して追跡不能な [削除された/バーチャル ブロック] が明らかになります (Embedded Coder ライセンスと ERT システム ターゲット ファイルが必要)。

  • [静的コード メトリクス レポート] 節は、生成コードの統計を提供します。メトリクスは、生成コードの静的解析から推定されます。

  • [コード置換レポート] セクションでは、置換の各インスタンスと置換をトリガーした Simulink ブロックの間のマッピングを提供して、コード生成の間に使用されたコード置換ライブラリ (CRL) 関数を確認することができます。

[生成されるファイル] セクションでモデルから生成されたソース コード ファイルの名前をクリックすると、MATLAB® Web ブラウザー ウィンドウ内に内容が表示されます。表示されるソース コードには以下の機能があります。

  • グローバル変数インスタンスは対応する定義にハイパーリンクされています。

  • トレーサビリティ オプション [コードからモデルに] を選択した場合は表示されるソース コード内のハイパーリンクを使用してコードの生成元のブロックまたはサブシステムを表示できます。ハイパーリンクをクリックすると Simulink モデル ウィンドウに関連ブロックまたはサブシステムが表示されます (Embedded Coder ライセンスと ERT システム ターゲット ファイルが必要)。

  • トレーサビリティ オプション [モデルからコードに] を選択した場合はモデル内のブロックの生成コードを表示できます。HTML レポートでブロックの生成コードを強調表示するにはブロックを右クリックし、[C/C++ コード][C/C++ コードに移動] を選択します (Embedded Coder ライセンスと ERT システム ターゲット ファイルが必要)。

  • [コード生成][検証] ペインで [コード カバレッジ ツール] パラメーターを設定した場合は、HTML コード生成レポートで生成コードのコード カバレッジ データおよび注釈を表示できます (Embedded Coder ライセンスと ERT システム ターゲット ファイルが必要)。

オフ

ファイルの概要を生成しません。

依存関係

このパラメーターにより以下のパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: GenerateReport
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオン
トレーサビリティオン
効率性影響なし
安全対策

推奨なし

関連するトピック