Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コンパイラ最適化レベル

説明

一般化された柔軟な制御を使用して、生成コードのビルドに対するコンパイラの最適化を制御します。

メモ

このパラメーターは、ツールチェーンまたはテンプレート makefile のビルド プロセスの設定で説明されているように、モデルがテンプレート makefile ベースのコード生成ターゲットを使用するよう設定されている場合にのみ表示されます。

カテゴリ: コード生成

設定

既定の設定: 最適化オフ (高速にビルド)

最適化オフ (高速にビルド)

コンパイル時間が最短になるようにビルド プロセス中にコンパイルをカスタマイズします。

最適化オン (高速に実行)

実行時間が最短になるように makefile ビルド プロセス中にコンパイルをカスタマイズします。

カスタム

makefile ビルド プロセス中に適用されるカスタム コンパイラ最適化フラグを指定できます。

ヒント

  • ターゲットに依存しない値 [最適化オン (高速に実行)][最適化オフ (高速にビルド)] を使用すると、コード開発中に容易にコンパイラ最適化のオンとオフを切り替えることができます。

  • [カスタム] を選択するとテンプレート makefile (TMF) でコンパイラ フラグを編集したり make コマンドにコンパイラ フラグを指定したりせずに Simulink® GUI レベルでカスタム コンパイラ最適化フラグを入力できます。

  • OPT_OPTSMEX_OPTS (MEX_OPTS="-v" を除く) または MEX_OPT_FILE を使用して makefile ビルド用のコンパイラ オプションを指定すると、[コンパイラ最適化レベル] の値は無視され、無視されたパラメーターについての警告が発行されます。

依存関係

このパラメーターによって [カスタム コンパイラ最適化フラグ] が有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: RTWCompilerOptimization
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on' | 'custom'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ最適化オフ (高速にビルド)
トレーサビリティ最適化オフ (高速にビルド)
効率性[最適化オン (高速に実行)] (実行)、影響なし (ROM、RAM)
安全対策影響なし

関連するトピック