Main Content

コード置換ライブラリ

説明

コード ジェネレーターがモデルのコードを生成するときに使用するコード置換ライブラリを指定します。

カテゴリ: [コード生成]、[インターフェイス]

設定

既定の設定: なし

なし

コード置換ライブラリを使用しません。

名前付きのコード置換ライブラリ

特定のプラットフォーム、コンパイラまたは標準のコード置換ライブラリへの呼び出しを生成します。名前付きライブラリのリストはシステム ターゲット ファイルに応じて異なります。

ヒント

  • このパラメーターを設定する前に、使用するライブラリがコンパイラでサポートされていることを確認してください。コンパイラでサポートされていないパラメーター値を選択した場合、コンパイラ エラーが発生することがあります。

  • [共有コードの配置] パラメーターを [共有場所] に設定している場合、またはモデル参照階層内のモデル用にコードを生成する場合、以下に従ってください。

    • 位置を共有しているモデルまたはモデルの階層構造内のモデルは、同じコード置換ライブラリ (同じ名前、テーブルおよびテーブル エントリ) を指定しなければなりません。

    • コード置換ライブラリの名前または内容を変更し、前のビルドと同じフォルダーからモデルをリビルドすると、コード ジェネレーターはチェックサム警告をレポートします (共有ユーティリティ コード チェックサムの管理を参照)。この警告は、既存のフォルダーを削除してから停止するか、コード生成を停止するようにプロンプトを表示します。

  • Stateflow® チャートを含むモデルに次の両方の条件が当てはまる場合、Simulink® ソフトウェアはチャートのコードを再生成し、生成されたコードを再コンパイルします。

    • [共有コードの配置] パラメーターを [共有場所] に設定 "しない"。

    • コードを再生成する前にコード置換ライブラリの名前または内容を変更する。

依存関係

  • このパラメーターは GRT ベースのターゲットの場合にのみ表示されます。ERT ベースのターゲットの場合は、コード置換ライブラリ (Embedded Coder)パラメーターを使用します。

コマンド ライン情報

パラメーター: CodeReplacementLibrary
型: 文字ベクトル
値: 'None' | 'GNU C99 extensions'
既定の設定: 'None'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性有効なライブラリ
安全対策影響なし

関連するトピック