Main Content

コード生成ペイン: Tornado ターゲット

Simulink® Coder™ 製品がシステムにインストールされていて、tornado.tlc システム ターゲット ファイルを指定すると、[コード生成][Tornado ターゲット] ペインには次のパラメーターが表示されます。

コード生成: [Tornado ターゲット] タブの概要

Tornado® ターゲットの生成コードを制御します。

構成

このタブはシステム ターゲット ファイルとして tornado.tlc を指定した場合にのみ表示されます。

参考

言語標準

モデルの言語標準を指定します。

設定

既定の設定: C99 (ISO)

C89/C90 (ANSI)

ISO®/IEC 9899:1990 C 言語標準に準拠したコードを生成します。

C99 (ISO)

ISO/IEC 9899:1999 C 言語標準に準拠したコードを生成します。

C++03 (ISO)

ISO/IEC 14882:2003 C++ 言語標準に準拠したコードを生成します。

ヒント

  • 指定した言語標準とツールチェーンに互換性があるかどうかビルド プロセスでチェックされます。互換性がない場合、コード生成中に警告が発生しますがビルド プロセスは継続します。

  • [言語] パラメーターの値を変更すると、言語標準により、C の場合は ISO/IEC 9899:1999 C ([C99 (ISO)]) に、C++ の場合は ISO/IEC 14882:2003 C++ ([C++11 (ISO)]) に更新されます。

依存関係

C++03 (ISO) 言語標準は、[言語] パラメーターを [C++] に設定している場合にのみ使用できます。

コマンド ライン情報

パラメーター: TargetLangStandard
型: 文字ベクトル
値: 'C89/C90 (ANSI)' | 'C99 (ISO)' | 'C++03 (ISO)'
既定の設定: 'C99 (ISO)'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性有効なライブラリ
安全対策影響なし

参考

ランタイム環境の構成

コード置換ライブラリ

コード ジェネレーターがモデルのコードを生成するときに使用するコード置換ライブラリを指定します。

設定

既定の設定: なし

なし

コード置換ライブラリを使用しません。

名前付きコード置換ライブラリ

特定のプラットフォーム、コンパイラまたは標準のコード置換ライブラリへの呼び出しを生成します。名前付きライブラリのリストは以下に応じて変わります。

  • インストールされているサポート パッケージ。

  • システム ターゲット ファイル、言語、言語標準、およびデバイス ベンダー構成。

  • Embedded Coder® 製品を使用してコード置換ライブラリを作成して登録したかどうか。

このパラメーターの選択の詳細については、コード置換ライブラリを参照してください。

ヒント

このパラメーターを設定する前に、使用するライブラリがコンパイラでサポートされていることを確認してください。コンパイラでサポートされていないパラメーター値を選択した場合、コンパイラ エラーが発生することがあります。

コマンド ライン情報

パラメーター: CodeReplacementLibrary
型: 文字ベクトル
値: 'None' | 'GNU C99 extensions' | 'Intel IPP for x86-64 (Windows)' | 'Intel IPP/SSE for x86-64 (Windows)' | 'Intel IPP for x86-64 (Windows for MinGW compiler)' |'Intel IPP/SSE for x86-64 (Windows for MinGW compiler)' | 'Intel IPP for x86/Pentium (Windows)' | 'Intel IPP/SSE x86/Pentium (Windows)' | 'Intel IPP for x86-64 (Linux)' | 'Intel IPP/SSE with GNU99 extensions for x86-64 (Linux)'
既定の設定: 'None'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性有効なライブラリ
安全対策影響なし

参考

ランタイム環境の構成

共有コードの配置

ユーティリティ関数、エクスポートされたデータ型定義、およびカスタム ストレージ クラスがあるエクスポートされたデータの宣言を生成する場所を指定します。

設定

既定の設定: 自動

自動

次のように動作します。

  • モデルに Model ブロックが含まれる場合、ユーティリティ コードは slprj/target/_sharedutils フォルダー内に配置されます。

  • モデルに Model ブロックが含まれない場合、ユーティリティ コードはビルド フォルダー内に配置されます (通常の場所は model.c または model.cpp)。

共有場所

作業フォルダーの slprj フォルダー内にユーティリティのコードが配置されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: UtilityFuncGeneration
型: 文字ベクトル
値: 'Auto' | 'Shared location'
既定の設定: 'Auto'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ共有場所
トレーサビリティ共有場所
効率性影響なし (実行、RAM)
[共有場所] (ROM)
安全対策影響なし

参考

MAT ファイルのログ

MAT ファイルのログを有効にするかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

MAT ファイルのログを有効にします。このオプションを選択すると、生成コードは、以下のいずれかの方法で指定されたシミュレーション データを MAT ファイルに保存します。

シミュレーション データのエクスポートおよびログ作成ための信号データの構成で説明しているように、シミュレーションではこのデータは MATLAB® ワークスペースに書き込まれます。MAT ファイルのログを設定するとデータは MAT ファイルにリダイレクトされます。ファイルは model.mat と命名されます。ここで model はモデル名です。

オフ

MAT ファイルのログを無効にします。このオプションの選択を解除すると、以下のような効果があります。

  • ファイル システムのサポートに関連付けられているオーバーヘッドを除外します。このオーバーヘッドは通常組み込みアプリケーションには必要ありません。

  • ログ変数の初期化、更新、およびクリーン アップに必要な追加のコードおよびメモリ使用量を除外します。

  • 特定の条件下で、ルート出力端子に関連付けられているコードおよびストレージを除外します。

  • model_step の現在の時刻と停止時刻の比較を省略し、停止時刻設定に関係なく生成されたプログラムを無限に実行できるようにします。

依存関係

このパラメーターを選択すると、[MAT ファイルの変数名の修飾子] パラメーターが有効になります。

制限

MAT ファイルのログは、ファイル スコープ内のデータ (組み込みのカスタム ストレージ クラス FileScope を適用するデータ項目) をサポートしません。

MAT ファイルのログは参照モデルでは動作しません。また、実装するコードも生成されません。

コマンド ライン情報

パラメーター: MatFileLogging
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオン
トレーサビリティ影響なし
効率性オフ
安全対策オフ

参考

MAT ファイルの変数名の修飾子

MAT ファイル変数名に追加するテキストを選択します。

設定

既定の設定: rt_

rt_

接頭辞テキストを追加します。

_rt

接尾辞テキストを追加します。

none

テキストを追加しません。

依存関係

Embedded Coder ライセンスをお持ちの場合、このパラメーターは [MAT ファイルのログ] パラメーターを選択すると有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: LogVarNameModifier
型: 文字ベクトル
値: 'none' | 'rt_' | '_rt'
既定の設定: 'rt_'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

参考

コードの形式

コードの形式 (生成コードの機能) を指定します。

設定

既定の設定: RealTime

RealTime

Real-Time コード生成形式を指定します。

RealTimeMalloc

Real-Time Malloc コード生成形式を指定します。

コマンド ライン情報

パラメーター: CodeFormat
型: 文字ベクトル
値: 'RealTime' | 'RealTimeMalloc'
既定の設定: 'RealTime'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

参考

製品間でのシステム ターゲット ファイルのサポートの比較

StethoScope

データ取得およびデータ モニターリングを行うオプションのツールである StethoScope を有効にするかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

StethoScope を有効にします。

オフ

StethoScope を無効にします。

ヒント

オプションで StethoScope または Simulink エクスターナル モードのいずれかを使用して実行中のリアルタイム プログラムをモニターしたりパラメーターを変更したりすることができます。ただし、同じコンパイル イメージに両方を使用することはできません。

依存関係

[StethoScope] パラメーターを有効にすることで [エクスターナル モード] パラメーターが無効になります。その逆も同様です。

コマンド ライン情報

パラメーター: StethoScope
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオン
トレーサビリティ影響なし
効率性オフ
安全対策オフ

参考

VxWorks ターゲットへダウンロード

VxWorks® ターゲットに生成されたプログラムを自動的にダウンロードするかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

各ビルド後に VxWorks に生成されたプログラムを自動的にダウンロードします。

オフ

生成プログラムを自動的に VxWorks にダウンロードしません。手動でダウンロードしなければなりません。

ヒント

  • 自動ダウンロードを使用するには makefile でターゲット名およびホスト名を指定する必要があります。

  • 各ビルドの前にホスト コンソールで Ctrl+X を押すか、VxWorks シャーシの動力サイクルを実行して VxWorks をリセットします。こうすることで、自動ダウンロードの際に VxWorks に存在する使わなくなったプロセスや古いデータが消去されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: DownloadToVxWorks
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策オフ

参考

基本タスクの優先順位

モデルの基本レート タスクが発生するときの優先順位を指定します。

設定

既定の設定: 30

ヒント

  • マルチレートでマルチタスクのモデルでは、コード ジェネレーターは各サブレート タスクの優先順位を 1 インクリメントします。

  • このオプションに指定した値は、関数 rt_main() への呼び出しとして発生したタスクの基本の優先順位によってオーバーライドされます。

コマンド ライン情報

パラメーター: BasePriority
タイプ: 整数
値: 有効な値
既定の設定: 30

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性タスクの優先順位によって効率性に影響を与える場合があります
安全対策影響なし

参考

タスクのスタック サイズ

モデルを実行する各タスクのスタック サイズ (バイト単位)。

設定

既定の設定: 16384

コマンド ライン情報

パラメーター: TaskStackSize
タイプ: 整数
値: 有効な値
既定の設定: 16384

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性スタックを大きくすると領域を無駄にする場合があります。
安全対策スタックを大きくするとオーバーフローの可能性が軽減されます。

参考

エクスターナル モード

クライアント/サーバー アーキテクチャに基づいた Simulink モデルおよびアプリケーションの間の通信を有効にするかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

エクスターナル モードを有効にします。クライアント (Simulink モデル) は、サーバー (アプリケーション) にパラメーター変更の受け取り、または信号データのアップロードを要求するメッセージを送信します。サーバーは、要求を実行することで応答します。

オフ

エクスターナル モードを無効にします。

依存関係

このパラメーターを選択すると以下のパラメーターが有効になります。

  • トランスポート層

  • MEX ファイルの引数

  • 静的なメモリ割り当て

コマンド ライン情報

パラメーター: ExtMode
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

参考

エクスターナル モード シミュレーションによるパラメーターの調整と信号の監視

トランスポート層

エクスターナル モード通信のトランスポート プロトコルを指定します。

設定

既定の設定: tcpip

tcpip

TCP/IP トランスポート機能を利用します。MEX ファイル名は ext_comm です。

ヒント

[トランスポート層] パラメーターの隣に表示される [MEX ファイル名] パラメーターの値は編集できません。MathWorks® によって提供されるシステム ターゲット ファイルについては、値は matlabroot/toolbox/simulink/simulink/extmode_transports.m で指定されています。

依存関係

このパラメーターは [エクスターナル モード] パラメーターを選択すると有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: ExtModeTransport
タイプ: 整数
値: 0
既定の設定: 0

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

参考

TCP/IP またはシリアル通信を使用するエクスターナル モード シミュレーション

MEX ファイルの引数

実行中のターゲットと通信するために、エクスターナル モードのインターフェイス MEX ファイルに渡す引数を指定します。

設定

既定の設定: ''

TCP/IP インターフェイスでは、ext_comm で次の 3 つのオプションの引数を使用できます。

  • ターゲットのネットワーク名 (たとえば、'myPuter''148.27.151.12')

  • 詳細レベル (情報がない場合は 0、詳細な情報がある場合は 1)

  • TCP/IP サーバー ポート番号 (25665535 の間の整数値、既定値は 17725)

依存関係

このパラメーターは [エクスターナル モード] パラメーターを選択すると有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: ExtModeMexArgs
型: 文字ベクトル
値: 有効な引数
既定の設定: ''

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

参考

静的なメモリ割り当て

エクスターナル モード通信のメモリ バッファーを制御します。

設定

既定の設定: オフ

オン

動的メモリを割り当てるための [静的なメモリ バッファー サイズ] パラメーターを有効にします。

オフ

動的メモリを割り当てる代わりに、エクスターナル モードの静的メモリ バッファーを使用します (malloc 呼び出し)。

ヒント

割り当てるメモリの量を決定するには、ターゲットで詳細モードを選択して、割り当てるメモリの量と利用可能なメモリの量を表示します。

依存関係

  • このパラメーターは [エクスターナル モード] パラメーターを選択すると有効になります。

  • このパラメーターを選択すると [静的なメモリ バッファー サイズ] パラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: ExtModeStaticAlloc
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

参考

ターゲットの通信バッファーのためのメモリ割り当ての制御

静的なメモリ バッファー サイズ

エクスターナル モード通信のメモリ バッファー サイズを指定します。

設定

既定の設定: 1000000

ターゲットのエクスターナル モード通信バッファーに事前に割り当てるバイト数を入力します。

ヒント

  • アプリケーションに対して入力した値が小さいと、エクスターナル モードでメモリ不足エラーが発生します。

  • 割り当てるメモリの量を決定するには、ターゲットで詳細モードを選択して、割り当てるメモリの量と利用可能なメモリの量を表示します。

依存関係

このパラメーターは [静的なメモリ割り当て] パラメーターを選択すると有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: ExtModeStaticAllocSize
タイプ: 整数
値: 有効な値
既定の設定: 1000000

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

参考

ターゲットの通信バッファーのためのメモリ割り当ての制御