Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コード生成前にモデルをチェック

説明

コードを生成する前にコード生成アドバイザー チェックを実行するかどうかを選択します。

カテゴリ: コード生成

設定

既定の設定: オフ

オフ

モデルがコード生成目的に合っているかどうかをチェックせずにコードを生成します。コード生成レポートの概要およびファイル ヘッダーには指定された目的と、検証が実行されなかったことが示されます。

オン (警告が発生しても続行)

コード生成アドバイザーでコード生成目的チェックを使用してモデルがコード生成目的に合っているかどうかをチェックします。コード生成アドバイザーで警告がレポートされた場合でもコード ジェネレーターはコード生成を続行します。コード生成レポートの概要およびファイル ヘッダーには指定された目的と検証結果が示されます。

オン (警告が発生すると停止)

コード生成アドバイザーでコード生成目的チェックを使用してモデルがコード生成目的に合っているかどうかをチェックします。コード生成アドバイザーで警告がレポートされた場合、コード ジェネレーターはコード生成を続行しません。

コマンド ライン情報

パラメーター: CheckMdlBeforeBuild
型: 文字ベクトル
値: 'Off' | 'Warning' | 'Error'
既定の設定: 'Off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ[オン (警告でも続行)] または [オン (警告の場合停止)]
トレーサビリティ[オン (警告でも続行)] または [オン (警告の場合停止)]
効率性[オン (警告でも続行)] または [オン (警告の場合停止)]
安全対策[オン (警告でも続行)] または [オン (警告の場合停止)]

関連するトピック