Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ビルド構成

説明

コンパイラの最適化またはツールチェーンのデバッグ設定を指定します。

メモ

このパラメーターは、ビルド アプローチの選択およびビルド プロセスの設定で説明されているように、モデルがツールチェーンベースのコード生成ターゲットを使用するよう設定されている場合にのみ表示されます。

カテゴリ: コード生成

設定

既定の設定: Faster Builds

Faster Builds

より短いビルド時間用に最適化します。

Faster Runs

より高速な実行可能ファイル用に最適化します。

Debug

デバッグ用に最適化します。

Specify

[Specify] を選択すると、編集可能なオプションと共にツールの表が表示されます。この表を使用して、現在のモデルの設定をカスタマイズします。ツール/オプションを参照してください。

この相互連携は、[ツールチェーン] 値と手動で指定された [ビルド構成] 値の同期に役立ちます。

[ビルド構成] 値を変更することで [ツールチェーン] 値が変更される場合があります。[ツールチェーン] の値で [Automatically locate an installed toolchain] だけは、[ビルド構成][Specify] に変更することにより影響を受けます。

  • [ビルド構成][Specify] に変更すると、[ツールチェーン] の値 [Automatically locate an installed toolchain] (既定) は確認済みのツールチェーンの値 ([Microsoft Visual C++ 2012 v11.0 |(64-bit Windows)] など) に変更されます。

  • [ビルド構成][Specify] から別の値に変更しても、[ツールチェーン] の値は変更されません。

ヒント

[設定を表示] をクリックすると、現在のビルド コンフィギュレーション用のオプションと共にツールの表が表示されます。ツール/オプションを参照してください。

[Specify] ビルド コンフィギュレーションのツールチェーン オプションをカスタマイズします。これらのオプションは現在のプロジェクトにのみ適用されます。

Windows® または UNIX® システムにツールチェーン手法をビルドするために生成された makefile から、マクロ定義 (コンパイラ最適化フラグを含む) を抽出するには、ビルド プロセスのファイルの管理model.bat の説明を参照してください。

依存関係

[Specify] を選択すると、編集可能なオプションと共にツールの表が表示されます。この表を使用して、現在のモデルの設定をカスタマイズします。ツール/オプションを参照してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: BuildConfiguration
型: 文字ベクトル
値: 'Faster Builds' | 'Faster Runs' | 'Debug' | 'Specify'
既定の設定: 'Faster Builds'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグデバッグ
トレーサビリティ影響なし
効率性Faster Runs
安全対策影響なし

関連するトピック