最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

再利用可能なサブシステムのバッファー

説明

サブシステムの再利用を強化するためのバッファーをもつコードを生成するかどうかを指定します。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: オン

オン

生成コード内にサブシステムの再利用を可能にして ROM 効率性を強化する追加のバッファーが含まれているコードを生成します。

オフ

生成コード内にサブシステムの再利用を増加させる可能性のある追加のバッファーが含まれていないコードを生成します。このコード生成によって ROM 効率性が低下します。追加のバッファーが含まれていない場合は生成コード内での余分なデータ コピーが回避されるため、コードの実行速度が向上する可能性があります。

コマンド ライン情報

パラメーター: BufferReusableBoundary
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性オフ (実行速度)、オン (ROM)
安全対策影響なし

関連するトピック