Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

自動的に作成される列挙型の基本ストレージ型

説明

アクティブ ステートの出力で作成される列挙型のストレージ型とサイズを設定します。

カテゴリ: 最適化

設定

既定の設定: ネイティブ整数

ネイティブ整数

既定のターゲット整数型

int32

32 ビット符号付き整数型

int16

16 ビット符号付き整数型

int8

8 ビット符号付き整数型

uint16

16 ビット符号なし整数型

uint8

8 ビット符号なし整数型

ヒント

  • ほとんどのモデルには既定の [ネイティブ整数] が推奨されます。

  • 生成される列挙型のメモリ使用量を小さくする必要がある場合は、ストレージ型をより小さいサイズに設定します。サイズはチャート内のステートの数を保持するのに十分な大きさでなければなりません。

依存関係

このパラメーターには Simulink® Coder™ のライセンスが必要です。

コマンド ライン情報

パラメーター: ActiveStateOutputEnumStorageType
値: ネイティブ整数 | 'int32' | 'int16' | 'int8' | 'uint16' | 'uint8'
既定の設定: ネイティブ整数

関連するトピック